チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?
2.8

/ 59

8%
10%
42%
27%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • tkt********

    3.0

    ジョン&パンチ?

    昔懐かし『白バイ野郎ジョン&パンチ』 のリブート作品。 土曜の昼によく見ていたのを思い出して見てみましたが、全く面影はありませんでした。 これほどまでにジョン&パンチ要素がないのであれば、潔く別作品で作っていればよかったのに。 下ネタがイケる人は楽しめるかもしれません。 私は楽しめたので★3つ。

  • bat********

    3.0

    ネタバレ下らなすぎる下ネタ満載ポリスコメディ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rak********

    3.0

    笑いと下ネタ。。。

    笑いと下ネタでわかりやすい 映画といった印象です。 特に下ネタが多めなので はまる人とはまらない人に ものすごく分かれる 気がします。

  • Cakewalk

    4.0

    クリステン・ベル目当てで見たけど…

    面白かったー! こういうコメディが好き! ヨガパンツサイコー、すごくわかる 笑 ヴィンセント・ドノフリオ、ベンチプレス 凄いなー!160kgも上げてたし! プレートを見た感じは140kgくらいに見えたけど、こっちの方はpond表記だからあれで正しいのかな。

  • シネマバカ一代。

    2.0

    味のないポテトチップス。

    なぜレイの息子がバイクを置いたときに施錠というかロックをかけなかったんでしょうか。それで逃亡防げるがな。 なんか全体的に湿気て味のないポテトチップスみたいな感じがしました。 バイクでぶっ飛ばすぜぇぇぇイエーみたいな映画。 後、いくらなんでもジョンの射撃の腕前下手すぎやろ。

  • has********

    5.0

    ネタバレ私が持ってない下品さが羨ましいから爆笑

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ルー

    3.0

    フツーです

    お気楽エンジョイ内容。ただリメイクにしてはCHiPs感はほぼなし。話ももっとシンプルでよかったんでは。単なるドタバタバディモノとしてはキャラも立ってたし掛け合いも面白かったんでヒマ潰しにはいいかも。最後にニヤリ。

  • fxt

    3.0

    酒を飲見ながら見た

    30分位までは面白かったが途中で寝てしまった。 吹替版なら楽しめそう

  • na7********

    2.0

    ネタバレ違う違う・・そ~じゃ・・そ~じゃな~いw

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    3.0

    ボケとツッコミのバランスが中途半端

     …あらすじは解説の次のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ3件のみだ。  あんまり人目に付かない作品なんだな。  “チップス(CHIPS)”とはカリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(CHP)の愛称だそうだ。  で、タイトルは何故だか朧気ながらも記憶に残っていたが、1970~80年代の米国の人気TVドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」を映画化した作品らしい。  ジョン(ダックス・シェパード)はフリースタイル・モトクロスの選手だったが負傷して引退し、その影響で妻との仲も険悪になり失意の日々を送っていた。  でも、バイクの腕を活かせるカリフォルニア・ハイウェイ・パトロールの入隊テストを受けてしまったら辛うじて合格してしまったので、白バイ警官として第二の人生を歩むことになるのだった。  そんなジョンの相棒になったパンチ(マイケル・ペーニャ)は、実はFBI捜査官カスティロで、カリフォルニアで立て続けに起きている強盗事件の犯人グループがCHP内にいると疑い、潜入捜査をしていたのだった。  ジョンを演ずるダックス・シェパードはどこかで観た記憶があるが想い出せず、ヒスパニック系のパンチを演じるマイケル・ペーニャも最近何かの作品で観たばかりだが想い出せず、どんな作品で観たのか調べる気もあまり起こらないが、目付きがチョッピリ愛嬌のあるオッサンだ。  ジョンの拳銃の腕は凄いヘタッピーなのに、バイクを操ると凄まじい技を見せるシーンや、カーアクション・バイクアクション・ガンアクションもそれなりに迫力はあったかな。  下ネタ、ホモネタもタップリあったが、今一つお下劣さが突き抜けていなくて、面白いとまでは感じなかったな。  で、ジョンがボケ役でパンチがツッコミ役だと思って観ていると、パンチまでボケに回ってしまうので、この辺りのバランスがノリを悪くしていたな。  ストーリー的に一番問題だったのは、CHP内の悪徳警官が序盤で既に明かされてしまっているので、犯人捜しの過程に緊迫感なくて聊か退屈だったかな。  でも、マイケル・ペーニャのふざけているのか真面目なのか、どっちつかずの愛嬌のある顔は見飽きなかったので、観て損はない程度の2.6点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3116件、2018年度301作品目)

  • lke********

    1.0

    下品すぎる。

    最後の最後に、エリック・エストラーダの顔を観られたのだけが救い。 あと、CSIマイアミに捜査官で出演していた、デルコが、 銀行強盗で、あっという間に、お縄になったのには、ビックリした! なんだかなぁ〜

  • sun********

    1.0

    笑えないコメディ

    凡庸なアクション・コメディ。 主人公の一人ジョンに魅力を備えさせることができず、観客は冷めた目で物語を眺めることになる。 際どい場面で笑いを引き出そうするが、監督はそのテクニックを持ち合わせていないようだ。 映画「デッドプール」の対極に置かれるような悪い見本のような作品に仕上がっている。

  • ntm********

    3.0

    ネタバレB級 娯楽映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中