ここから本文です

ういらぶ。 (2018)

監督
佐藤祐市
  • みたいムービー 263
  • みたログ 1,220

2.90 / 評価:1039件

ストレスが凄かったです(原作未読)

凛がやり過ぎです(笑)

予告編では平野くん演じる凛が「花のち晴れ」みたいな可愛いげのあるこじらせ男子かと思いきや・・

全然愛せないただの嫌なキャラに感じとてもガッカリだったし、とてつもなく不快でした。

漫画ならこの振り幅でOKなのかも知れませんが、実写でこれをやられるとただ許せない感じになりました(笑)

まだ凛が自分のせいで彼女が病んでいる事に気が付いていないという設定なら笑えるのですが、知っててやってるのはマジ卑劣だしシャレにならない変態の領域です(怒)

恋愛コメディで何マジになってんの?と皆さん思われるかも知れませんが、いくらコメディであろうが裏に愛が隠されていようが人としてやってはいけない領域はどうしても心のNGワードに引っ掛かります!
「T高バスケ部」を観た直後のハシゴ観賞だから余計に人の心に敏感になっているのもあるのかも知れませんが・・

結局凛は自分自身が一番可愛いのだなと思うとビビりとかは言い訳になりません。

この漫画原作は「振り幅を笑いギャップにキュンするコメディ」である事は理解出来ます。が、実写のバランスも考えて製作すべきでしょう。主役を愛せないと物語も愛せないし笑えません。

平野くん魅力的だし頑張ってましたが製作側のミスでせっかくの「らしさ」が生きてません。それどころか悪い方に作用した印象です

私のように観る側がこじらせてしまうといくらハッピーエンドに振っても最後までこの作品を気持ち的に肯定出来なくなります。

桜井さんはとてつもなく可憐で美しく目の保養になりました。
ただただ平野くんの役どころの演出が残念でなりません!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ