ここから本文です

インサイド (2016)

INSIDE

監督
ミゲル・アンヘル・ビバス
  • みたいムービー 45
  • みたログ 251

2.69 / 評価:217件

最悪。女性、特にお母さんは観ないで!

  • bvi さん
  • 2020年6月1日 2時42分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『聴覚を奪われた中で正体不明、目的不明の女が襲い来る!レイチェル・ニコルズ主演のエクストリーム・シチュエーション・サスペンス。』

言いたいことが山程ありますが、総じて最悪でした。胸くそに胸くそを重ねた胸くそです…。鬱な気分になるものではなく、苛々してしまう胸くそだったように思います。

まず1つ目に、危機管理が無さすぎ。
女性の1人暮らし且つ妊婦さんなのに、母親が来るからと、夜更けに道路に面した郵便受けに、鍵を入れて寝る…もう最初から呆然です。ありがちな、玄関横の植木鉢の下に置く方がよっぽどマシな気がしました。お母さんも止めようよ…。

2つ目。新しい街で住人が少ない・大雨で音がかき消されるという設定なのかもしれませんが、窓を割るなり何なり、外に何かしらのアクションをして助けを求めないのが不自然に思えました。

3つ目に、パトカー関連。
夜更けにパトランプがずっと点滅しているのに、他の住人が誰も出て来ないのも不自然。待っている警察官も、不審に思ったのなら応援呼んでから入るべき…。
そして、鍵が挿さってないなら先にクラクション鳴らした方がいいんじゃないかと思いきや、鍵挿さってたなんて…なら真っ先に逃げられたじゃん…

4つ目。時間稼ぎといえど、お腹にカッター向けるってどういうこと!?信じられない。ここで主人公へのハラハラさが、一気に冷めました。

最後に5つ目、イザベラのところで、主人公に尽く失望。油断させるのが目的なのだとしても、同じ母親なら、その悲しみや辛さを多少なりとも理解できるだろうに、あの台詞はない。愕然としました。”あの場であの台詞が出てくる人物像”だけを思うと、復讐されてしまう一因もあったのではと思ってしまうほど…
なのであの終わり方も、手離しで喜べるわけもなく…。無事に産まれたことで感動的に終わらそうとした、その演出に対して納得がいかない、そんな思いです。


殴り書きのようになってしまってすみません。観終わった今の感情を、どう表していいのか分からないほど、観なければ良かったと思っています。
今までにもそう思った映画は他にもありますが、それらとはまた違った、嫌な気分です。本当に観なければ良かった…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ