2018年7月13日公開

グッバイ・ゴダール!

LE REDOUTABLE/GODARD MON AMOUR

R15+1082018年7月13日公開
グッバイ・ゴダール!
2.9

/ 148

8%
16%
40%
24%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

パリで哲学を学ぶ19歳のアンヌ・ヴィアゼムスキー(ステイシー・マーティン)は、映画監督のジャン=リュック・ゴダール(ルイ・ガレル)と恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を務める。新しい仲間たちとの映画作りやゴダールからのプロポーズなど、初めて体験することばかりの刺激的な日々にアンヌは有頂天になる。一方パリでは、デモ活動が激化していた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(33件)

かわいい15.8%セクシー11.6%笑える11.6%知的11.6%コミカル10.5%

  • hal********

    2.0

    映画ツウを気取りたかったその昔

    20年以上前、小難しい映画こそ映画だ!とゴダールやらトリュフォーやら見てみたけれど全く面白くなくて、 それでもこれを素晴らしいと思える事こそ映画好きだと勘違いしていたあの頃を思い出した。 まっっったく面白くない。 おしゃれな色彩や主演の女優さんの可愛らしさで最後まで見られたものの、何度時計を確認したことか。 今では、マイベストは天使にラブソングを…だけど映画大好きだと自信を持って言える。 映画は娯楽だ!

  • yos********

    4.0

    ゴダール愛に溢れた作品

    ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻であるアンヌ・ヴィアゼムスキーによる自伝的小説「それからの彼女」を映画化した作品。 この映画のゴダールがどれほど実像に近いのか分からないけど、少なくとも身近な人から見ると接しにくい人だったことが分かる。 ステイシー・マーティンの衣装と合わせた背景など色使いが綺麗だし、ゴダール風の映画内映画の演出を多用していたりと面白い。ゴダール愛に溢れた作品。

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレプロフィールの紹介

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • おおぶね

    5.0

    『ウイークエンド』みたい

    本人の映画より面白い。 困った人だ。 五月革命の頃が懐かしい。 『中国女』なんて字幕だらけだったと友達と盛り上がったこともあった。

  • Puora

    1.0

    ゴダールをよく知らないで見てしまった

    ゴダールよりニンフォマニアックでファンになったステイシー・マーティン目当てで借りてしまい、ゴダールの作品などをよく知らない私にはストーリーを退屈に感じてしまった。 特に興味ないフランス人カップルのゴタゴタを見せられた感覚。 頑固なゴダールにイライラしてしまったし、ステイシー演じるアンヌも美しかったけど魅力的ではなかった。 ただゴダールのセリフや考え方は面白いな、と感じる部分もあった。 ゴダールの作品や歴史を知っていればこそ、その裏側を覗いた感覚で楽しめたのかもしれない。自分には合わない作品だった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ルイ・ガレルジャン=リュック・ゴダール
ステイシー・マーティンアンヌ・ヴィアゼムスキー
ベレニス・ベジョミシェル・ロジエ
ミシャ・レスコージャン=ピエール・バンベルジェ
グレゴリー・ガドゥボワミシェル・クルノー
フェリックス・キシルジャン=ピエール・ゴラン
アルトゥール・アルシエジャン=アンリ・ロジェ

基本情報


タイトル
グッバイ・ゴダール!

原題
LE REDOUTABLE/GODARD MON AMOUR

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日