2018年8月3日公開

スターリンの葬送狂騒曲

THE DEATH OF STALIN

1072018年8月3日公開
スターリンの葬送狂騒曲
3.4

/ 510

12%
35%
36%
12%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(113件)


  • vap********

    3.0

    ソ連もロシアも・・・お国柄って変わんないね

    スターリンの恐怖政治が人間を虫けらとしか見ていなかった、側近といえども。 そんな支配体制がもたらす醜さをイギリス目線でコケ下ろした映画。  側近たちの権力闘争というより、自己保身、揚げ足取り、責任のなすり合い、でっち上げなどを「狂騒曲」としてブラック・ユーモアっぽく描いていますね。かの国の政治体制に一分の尊敬もない、というところが辛辣。  ひとつ分かったのは、共産党の書記というワードの意味するところ。党の規約に対して、人物が何をしたか、何を言ったかといったことを「記録」することが重要で、それが書記の役割ということなんですかね。そうしてガチガチな支配体制がつくられるんだなーと。人民や社会の民意や潮流といった流動性を排除することになるんですね。  さて、現在の元首は「ピョートル大帝」を意識しておられるようで、”記録”をも必要とせず、皇帝の威光を領土拡張で体現しています。スターリンの存命時のように。でも、いずれこの作品のような狂騒曲がかの地で鳴り響くんでしょうね。  エンドロールの前の表現が痛烈で、この物語を締めくくってました。

  • stanleyk2001

    4.0

    ロシアの独裁政治を嗤う傑作

    『スターリンの葬送狂騒曲』The Death of Stalin 2017 ロマノフ朝ロシアの最後を描いた「ニコライとアレクサンドラ」を観た後に鑑賞。 レーニンの後にソ連の指導者になったスターリンが急死、マレンコフとベリヤとフルシチョフのトロイカ体制、そしてフルシチョフが最後に権力を握るまでを描いたブラック・コメディ。 フランスのグラフィック・ノベルを英国が映画化。モンティパイソンの国だから黒い笑いはお得意。 自分が生き残って権力を握るために手段を選ばない政治家達の戦い。笑っちゃいけないけど笑ってしまう。今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも通じる風刺劇だ。 人の命が軽い国、権力に逆らうと消される国ロシア。それはロマノフ朝から続く伝統。権力を握った人間の暴走を誰も止められないのも今と同じ。プーチンも頓死してくれないかな。

  • Cakewalk

    2.0

    ジャンルはいちをコメディかな

    コメディ調だけど、そこまでコメディって感じでもなかったな。 スターリンが息子より先に逝くあたりも実際とは違う部分もあったり、いくらか脚色した内容になっていたのかな。 デカ字幕が収録されてるのは地味に嬉しい。

  • mov

    3.0

    なんて言ったらいいか。

    モーツァルトのピアノ協奏曲第23番が好きだったから始まりから掴まれた。 実は割と史実に基づいているらしく特に秘密警察の部分はしゃれにならない。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    笑えるか笑えないかが大事?

    スティーブ・ブシュミの顔は笑えるね。 「変な顔の男」と何人もに言われてた「ファーゴ」も笑えたけど、フランシス・マクドーマンドが3回目のオスカーとは笑えない。

  • hal********

    2.0

    ネタバレいや、「おもしろ」くはないよコレ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    4.0

    可笑しくて、可笑しくて…ん?笑って良い?

    オープニングからスターリン時代の恐怖政治を、端的に激しく描く。粛正のリストを渡された秘密警察が、バンバン国民を拘束したり処刑したり…。 苛烈な監視国家を充分に描いたところで、スターリンが重篤に陥る。そこからスターリンの逝去にかけて、物語は加速度的に面白くなってくる。 いわば、ジェットコースターのようなもので、最初はジワジワスターリンの恐怖という高みに登っていくが、彼が倒れた後は混沌の権力闘争を降るのみ!アップダウンと緩急をつけて奇妙な人間模様が右往左往。 誰が味方になるのか?国の運営はどうするのか?腹を探り合い…、残されたスターリンの息子や娘への上っ面だけの媚びへつらい…笑うしかない人間の欲望! 虫ケラのように人間を殺して回るが、パワーバランス次第で殺す側と虫ケラ側が簡単に逆転してしまう。その様子が、怖いのに笑える滑稽さなのだ。 監視国家故の相互密告状態のカオス…。 笑えるが笑えない気持ち悪さは独特の世界観だ。 流石にロシアを土地柄にした映画だけあって、オーケストラにも気合いが入っている。音楽は素晴らしい! それから…現地で撮影? やっぱりセット?こんな映画、ロシアが撮影させてくれるの!? ロシアから凄く怒られそうな内容で、かなり攻めた作品だと思う。エッジ効きすぎ。

  • aa0********

    2.0

    笑えない

    粛清で大勢が虐殺された話。真面目に取り上げるべき話であってコメディに仕立てる話ではない。これは失礼だ。 企画が完全に滑っていて笑えない。

  • 柚子

    2.0

    ブラックユーモア?

    深刻に、淡々と描くより、コメディにした方がいい? 全く笑えないコメディ ゆえにブラックコメディっていうジャンルになるのかな 歴史の勉強として最後まで頑張って見たが、ほんと、何度か途中で止めようかと(^_^;)

  • ame********

    1.0

    コメディタッチに描かれるスターリンの死

    Mr.ビーンが好きな人にはきっと受ける

  • yok********

    4.0

    笑えて、ためになりました。

    誰が誰なのか分からなかったので、ネットで調べながら鑑賞しました。 ソ連連邦の事はほとんど曖昧で知らなかった事が多かったのですが、 この映画を機に知る事ができて良かったです。スターリンが小柄だったことは驚きです。大きい人だと思っていた。製作が英国とフランスというのが、また、笑えます。

  • nya********

    5.0

    ネタバレ笑えない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • beautiful_japan_

    5.0

    ネタバレ傑作だと思う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ロラン

    4.0

    終わった後ウィキペディアを見よう

    ブラックユーモア映画なので誇張はありますが、ウィキペディアを調べてみると結構史実に基づいてるみたいです。終わった後に調べて「へ〜」とやってみると二度美味しいです。

  • grizoumin17

    3.0

    意外と史実に沿ってる

    面白おかしく創っているし、違っているところもあるけど、完全にフィクションというわけでもないし歴史の勉強としても面白かった。 ただ当時のソ連、社会主義に対する偏見も入っているので、鵜呑みにせず軽い気持ちで観るのがいいかも。

  • hir********

    4.0

    ベリヤの独裁を恐れたフルシチョフ!

    (1) 1953年ソ連・モスクワ。ベリヤ率いるNKVD(内務人民委員部、エヌカーヴェーデー)は「粛清リスト」により国民の逮捕粛清を実行。そうした中、3月、ヨシフ・スターリンが執務室で昏倒する。 翌朝、ソビエト連邦共産党の幹部たちが集まるが、スターリンは死亡する。 《感想1》恣意的な逮捕・拷問がなされる凄惨な事実に対し、映画には、人々への敬意、あるいは出来事に対する厳粛な態度が感じられない。見世物的で人間に対し鈍感だ。 《感想1-2》射殺・拷問する側の情念はいかなるものか? ①主義への献身。②拷問のサディスティックな喜び。③悪魔(逮捕・拷問される悪人)への正義の制裁。④仕事への献身・義務遂行。⑤自分の糊口の道の確保、昇進の実績づくり。 (2) 幹部の個人情報を握るベリヤは、党内序列2位のマレンコフと組む。一方、フルシチョフはモロトフ、カガノヴィッチ、ミコヤンらを仲間として対抗しようとする。 《感想2》 ベリヤはNKVDという実力装置への命令権を持つ。いずれベリヤは独裁をめざし競争者を皆殺しするだろう。フルシチョフはそれを何としても阻止したい。権力闘争の複雑・微妙な力学が作動している。 (3) マレンコフが書記長代理から昇格し首相兼筆頭書記(トップ)に就任。ベリヤが第一副議長(N0. 2)。フルシチョフは葬儀委員長に決まる。トップだが実行力のないマレンコフに対し、ベリヤが主導権をとり、①政治犯釈放、粛清リスト凍結を決定、②モスクワ市内の警備を軍からNKVDに変更。 《感想3》ベリヤは①で政治的に主導権を取、また②で軍事的に首都モスクワの中央官庁を押さえる。 (4) ベリヤはモスクワに入る列車を止めるが、フルシチョフは「鉄道の管轄権は自分にある」と主張し独断で列車運行を許可。弔問に全国から大挙し押し寄せた国民に、警備のNKVD隊員が発砲。1500人の死者が出る。幹部会議で、その責任を巡りベリヤとフルシチョフが対立。現場の警備責任者に責任を取らせるが、ベリヤの失点となる。 《感想4》フルシチョフは、まずベリヤの NKVDによる首都モスクワ支配を転覆させたい。そのためモスクワに入る列車を運行させた。挑発だ。思惑通り、NKVD部隊に動揺・混乱が生じた。 (5) ベリヤの独裁を恐れたフルシチョフは、軍の最高司令官ジューコフ元帥と組み、他の共産党幹部の同意も取り付ける。葬儀後に開かれた幹部会議で、ベリヤの解任が決定される。また軍がNKVDを武装解除し、ベリヤを逮捕する。そして直ちにベリヤに対し裁判がなされ、直後に彼は処刑される。 《感想5》フルシチョフは、ベリヤをすぐに殺さなければ、自分たち反ベリヤ勢力が皆殺しされると予測した。NKVDと並ぶ実力装置である軍のジューコフ元帥も、身の危険を感じた。両者が手を組んだ。 (6) この年9月に、フルシチョフが共産党第一書記となる。彼は1955年、マレンコフに首相を辞任させ、後任に腹心のブルガーニンを充てた。1957年に集団指導体制が終わり、フルシチョフが名実ともに党・国家の最高指導者となる。(1964年失脚。) 《感想6》映画は、フルシチョフについて字幕で補足する。ベリヤ殺害後、フルシチョフが、ソ連共産党幹部の中で主導権を取る。 (7) この映画に対し「スターリン政権下の死者に対する敬意がない」との批判がある。またロシア政府はこの映画を上映禁止にした。「憎悪と敵意を煽り、ロシア(ソ連)の民族と社会の尊厳を損なっている」と文化大臣が述べた。 《感想7》スターリンの戯画化(パロディ化)、またベリヤ、モロトフ、マレンコフ、フルシチョフらによる独裁者への阿諛追従(アユツイショウ)の戯画化。だが極めて重大で人々の運命・生死にかかわる出来事を、戯画化するのはかなり無理がある。ロシアの文化大臣に「ロシア(ソ連)の民族と社会の尊厳を損なっている」と言われても仕方ない。(ただし上映禁止の適否の問題はまた別だ。)

  • tsu********

    3.0

    大人のシニカルな知性を感じます

    2020年5月、アマゾンプライム無料鑑賞。 英仏のインテリの時代感覚のシャープなセンスの良さを感じます。 人を呪わば穴二つ、政治の権力闘争の結末に、共産主義も民主主義も違いはありません。 権力のとりつかれた人々のバカ騒ぎ、見ても損はない★★★

  • joz********

    2.0

    予備知識がなければちょっと

    超ブラックコメディーです。 独裁者スターリンが急死して、さて、誰が後を継ぐかのドタバタです。 登場人物が多すぎて、しかも名前に馴染みがない。 誰が主役を演じているのか明確じゃない。 ある程度、当時の指導者たちの予備知識がなければ、あまり楽しめないでしょう。 ぼくが知っているのはフルシチョフくらいでした。 スターリンといえば、超恐怖政治体制を敷き、反対者(とおぼしき人も含め)大量に粛清したことで知られています。 スターリンの重石がなくなって、ゴマすり、裏切り、陰謀、策略が渦巻き、実権を握るためには手段を選ばずというところが笑いのポイントです。 特に、誰彼構わず理由もなく殺害していくシーンが笑えます。 1,500人と聞いて、モスクワに押し寄せた人数か?と思わせて、いや射殺した人数だとサラッと言ってのけたりします。 スターリンが粛清した数は70万人は確実で、2,000万人という説もあります。 日本も彼によって北方領土を奪われ、シベリア抑留で58,000人が殺されています。 映画のストーリーとは別に、ソビエト共産党って何だったんでしょうね?・・・と思わずにはいられません。 共産主義が独裁になる確率は高く、いまだに悪夢は続いています。

  • arl********

    3.0

    そこそこ

    そこそこ面白かったけど、せっかくの面白いネタなんだからもうひとひねりほしかったな。

  • dkf********

    3.0

    これを笑える日本人はインテリだけ?

    正直、もっと笑わせてくれるものと思っていた。創る側も観る側も政治に対する風刺こそがコメディの中でも一番ハイレベルなセンスが要求されると思うが、政治感覚に弱い日本人にこのユーモアを正しく理解するのは難しいだろう。こういうの、欧米人は大好きなんだろうけどね。 登場人物も全員実在するロシアの政治家達ということだが、知っているのはフルシチョフくらいで、あとは人物の相関関係も知識なし。これではユーモアの妙味を楽しめるはずもなく、自分は少しも笑えるところがなかった。日本人にはもっとわかりやすい笑いの部分が必要で、本作を観て笑える日本人なんて、ごく一部のインテリ層のみじゃないだろうか? 全編がロシアが舞台のストーリーながら、キャストは全員米英の俳優達で当然セリフも全部英語。唯一スラブ系のオルガ・キュリレンコまで英語で話しているのが、本作に関してはそれが不思議と気にならない。むしろセリフは英語であることが重要で、それこそが最高のブラックユーモアになっていると思う。 自分が面白くなかったからと言って不当に低い評価をするようなクオリティではないことは明らか。 どうやら自分にこの作品を語る資格はなさそうだ。

1 ページ/6 ページ中