ここから本文です

上映中

人魚の眠る家 (2018)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 998
  • みたログ 3,275

3.87 / 評価:2,653件

脳死は人の死ではない

  • mik***** さん
  • 2019年9月15日 18時49分
  • 閲覧数 1961
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

長期脳死の子供の親です。元気だった子供が脳死状態になったときの母親の気持ちは、経験した者にしかわからないと思います。上の子たちの手前、声を出して泣くこともできませんでした。在宅で過ごした五年の日々は、まさに映画の中の描写そのままでした。うちの場合は、大学生と高校生の娘たちが一緒に痰の吸引や経管栄養の手技を覚えてくれたので、在宅に戻っても家族で協力しあえました。訪問看護、訪問リハビリ、訪問医、訪問入浴、訪問介護等々…様々な方たちの支援の中で暮らした日々を映画を観て思い出しました。映画の中のお母さんの気持ちが自分と被って、最後は泣けました。命日も、うちの息子と同じ日でしたから。息子の在宅療養の間に、臓器移植法が改定され、複雑な気持ちにもなりました。でも、長期脳死の状態で、在宅で幸せに暮らしている家族もいるのだということを皆さんに知ってほしいと思います。そういう選択もできるんです。本人にとっての幸せ、家族にとっての幸せを映画を観て改めて考えさせられました。うちの場合は、在宅でよかったと確信しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ