ここから本文です

少女ピカレスク (2018)

監督
井口昇
  • みたいムービー 3
  • みたログ 6

2.83 / 評価:6件

解説

動画配信サービス「ファミリー劇場CLUB」のオリジナル作品として制作された異色作。生配信を介してファンと交流を図るアイドルたちの心の闇を映し出す。監督は『電人ザボーガー』などの井口昇。『それ ~それがやって来たら…』などの椎名ひかりが主演を務め、グラビアアイドルのまりちゅうこと長澤茉里奈、井口監督が手掛けるアイドルプロジェクト「ノーメイクス」の神門実里と上埜すみれ、『人狼ゲーム インフェルノ』などの武田玲奈らが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

アイドルの頂点を目指す新人のヒカリ(椎名ひかり)は、少しでも自分の存在を知ってもらおうと、生配信を通じてファンとコミュニケーションを取っていた。ある日彼女は、新曲のPV撮影でダンサーとして参加していた新人アイドルの日菜子(長澤茉里奈)と亜依(神門実里)と親しくなる。撮影は順調に進んでいたが、ちーちゃんという少女が現れて現場を混乱させ、中止になってしまう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ