ここから本文です

一人の息子 (2018)

監督
谷健二
  • みたいムービー 7
  • みたログ 6

3.83 / 評価:6件

思いを受け止めて…

  • mai***** さん
  • 2018年7月25日 23時31分
  • 閲覧数 287
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

疎遠だった父の死が
何とはなしに上手くいっていなかった父と息子の間にあったわだかまりを溶かしていく。
静かに、穏やかに…

『大切なものは居間の引き出しの中』
という事で開けた引き出しの中に
保険金の受取人の名前が書かれていて
一人は自分の、もう一人は初めて見る名前。

周囲の人、みんなが厳格な人だったという父親に隠し子か?
という展開ではありましたが
その予想される展開とはちょっと違う話に。
最期に言葉を交わすことなく別れる事になってしまった父親が抱えた思いを受け止めていくごとに感慨深くなっていく…

波風立つような作品ではなく、あくまで穏やかな流れの中(それが普通の人が送る日常生活でもあることでしょう)、でも生きている人にとって見ればそこかしこにドラマがあって、僕らはそれを知らずに生きていて、どの立ち位置でそのドラマに出会うのか?によって違いがあるんだろうと感じる作品でした。

2018年4月7日
高崎映画祭での先行上映で鑑賞。
谷健二監督、馬場良馬さん、玉城裕規さん、根本正勝さん、竹下景子さん、関口アナムさんの舞台挨拶アリ。

重苦しい作品の中での楽しい出来事や印象に残る出来事などをたくさん語って下さいました。
その中で出てきた『青いヤツ』はかなりの笑いフレーズです。
詳しくは作品をご覧ください(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ