ここから本文です

生きてるだけで、愛。 (2018)

監督
関根光才
  • みたいムービー 275
  • みたログ 697

3.57 / 評価:553件

お初にお目にかかります

  • mira9966 さん
  • 2019年9月14日 22時37分
  • 閲覧数 1965
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

菅田将暉の出る作品は外れなしなので観てみたら、予備知識ゼロの趣里さんの演技力に度肝を抜かれてしまった!特に冒頭の酔っ払いシーンは余りにもリアル過ぎて笑いが。
自分をコントロール出来ないヤバすぎな、(躁鬱病かと言われればあれは確かに違います)何かのきっかけでキレて見境が無くなり暴力を振るう、でも反面自分を分析も出来ている。

片付けられない人がだらしない人のレッテルを貼られた時代が終わり、脳に欠陥がある病気だと判ったように、彼女も何らかの疾患があるのだろう。
ヤスコと3年も暮らすツナキも有り得ないし、何で精神神経科を受診しないの?と思って観ていたが、この作品に色々な突っ込みは無しでいい。
ヤスコの言う事にうんとふーん、すぐにゴメンしか言わないツナキ。
生産的な物は何もない異常とも言える2人の生活だがヤスコの言葉が全て私にはリアリティがあり、とても共感出来た。趣里の圧倒的な演技力の賜物だと思う。
作品のテーマも明確で、人との関わり方を問うている。
この作品で趣里と言う凄い俳優を知った事が一番の収穫かもしれない。
それにしてもこの人有名人ご夫妻の娘らしいが、両親には全く似ていない。
池波志乃にソックリ!そう思ったのは私だけ?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ