ここから本文です

上映中

生きてるだけで、愛。 (2018)

監督
関根光才
  • みたいムービー 277
  • みたログ 691

3.58 / 評価:550件

パートナーについて考えました。

  • ベタ子 さん
  • 2020年2月18日 8時52分
  • 閲覧数 2241
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品を見終わったあと思ったのは、2人はよくこの作品に挑もうとしたなーと関心しました。

趣里さんは演技を初めて見たのがドラマ「ブラックペアン」で、ちょっと癖のある看護師が印象的でした。

まさかここまでの思い切った演技だと予想してなかったので度肝抜かれました。

そして菅田将暉さんは、落ち着いた大人の男性って感じでこれまた初めてみた表情が新鮮でした。特に、一瞬で殺気立った目になるシーン、鳥肌モノでした。
やっぱり、この人の演技は同年代の俳優の中で群を抜いてるなぁという印象です。キラキラしたキュンキュン系映画にしかでない若手イケメン俳優とやらは見習って欲しい。笑

寧子はなかなか難しい人ですね。私はどちらかと言うと、他人に感情ぶつける方が苦手なので、恋人の前で泣きわめくとか無理って思うんですけど、共感できないという訳でもなく、ところどころわかるーという部分はありました。
仕事がしんどいと感じていた頃、とにかく寝て現実逃避の休日を過ごしていたことがあって、今思えばあの時病んでたのかもーと思いました。

趣里さんを初めてみた時から思ってたんですけど、彼女細すぎて、すごく心配になってしまいます。笑。
きっと胸も洗濯板みたいなんだろうって勝手に想像していましたが(すみません)、全裸のシーン、すごく美しく見えました。

菅田将暉さんの津奈木は、わたしは優しい人だなーと思って見てたんですけど、寧子からしたら彼の言動に苛立ちを感じるんですね。不思議だなぁ。きっと人の数ほど、その人に会う相手っているんだろうなーと、パートナーについて考えたりしました。

仲里依紗さんは、なんだか損しかないような役でしたけど、彼女だから出来た役のような気もして、演技上手いなーと思いました。

このような日本映画、もっと見てみたいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ