ここから本文です

生きてるだけで、愛。 (2018)

監督
関根光才
  • みたいムービー 275
  • みたログ 697

3.57 / 評価:553件

何回も見ちゃう

  • u_u***** さん
  • 2020年9月12日 14時55分
  • 閲覧数 946
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分が人と違うとか、なんか見抜かれてるような気がするとか、とてつもない生きづらさとか…日常のなかでふと感じる違和感とかを、本当にわかりやすく繊細に現してる映画だなって思いました。
多分、普段そういうことを感じない人から見たら、寧子は本当にただの頭のおかしい人だと思うけど私には痛いくらいよく分かりました。
そうしちゃいけない、って思ってるのにしてしまう。うまくやりたいのにできない。なんとなく自分だけいつもツイてない。優しくしてくれるけど、本当は合わせてくれてるだけで迷惑かけてしまってる。生きてるだけで苦しい、言葉にうまくできない感情を、この映画が代弁してくれてるような気持ちになりました。
淡々と流れる日常の中でそういう苦しさと向き合って必死に生きてる人間もたくさんいるんだとおもいます。
最後、屋上のシーンでの「いいなあ、津奈木。私と別れられて。私は私と別れられない。」っていうセリフですごく泣いてしまいました。生きてることに疲れてしまったとき、見たくなる映画です。何回も見てしまう。
俳優陣の演技力も素晴らしく世界観に引き込まれました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ