ここから本文です

リビング・デッド サバイバー (2017)

LA NUIT A DEVORE LE MONDE/THE NIGHT EATS THE WORLD

監督
ドミニク・ローシェ
  • みたいムービー 5
  • みたログ 11

2.91 / 評価:11件

退屈。

  • jss******** さん
  • 2018年8月25日 2時41分
  • 閲覧数 583
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

以前の自分のレビューを読みかえしてみると
やたら「既視感」という言葉を多用して
いることに気付いた。
好きで同じジャンルの映画ばかり観ている
のに、似たようなシーンがあったら
「既視感だ」と書き立てるのはいかがな
ものかと反省してしまった。
一作一作、フラットな気持ちで観た方が
楽しめますよね。

で、この作品。

元カノ?の家でうっかり寝てしまって
起きてみたら辺り一面ゾンビだらけ。
どうしよう。そうだ、立て篭もろう!!

という一幕。ストーリーは本当にこれだけ。
男一人がアパートでサバイブする描写だけで
一時間半もたせます。

細かい突っ込みどころは無くは無いんだけど
妙に細かい描写もあったりして、案外飽きません。
いきなり床が撃ち抜かれて、その穴を覗いて
みたら・・・とか、遺体を外に捨てようと
するんだけど、捨てれなくて・・・とか、
派手な展開は無いんだけど小さい変化を
ちょくちょくはさんできます。
序盤のアパートを探索するくだりなんかは
ちょっとゲームっぽかったりして悪くない。
猫のためだけに命をかけるシーンなんか、
「ああ、実際自分もこうしちゃうかな」
なんて思ってしまった。

別の生存者が逃げ込んできて、それが
きっかけで主人公はアパートを脱出
するんだけど、ラスト街並みを写した
シーンは妙に意味ありげだったけど
なんかあるんですかね?

退屈な作品と感じてしまうこともあるかも
しれないが、それはそれで主人公の気持ちを
共有してしまっているのかも。
ゾンビの造形や動きも手抜きがないので、
じっくり観れば楽しめると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ