ここから本文です

イマジネーションゲーム (2018)

監督
畑泰介
  • みたいムービー 31
  • みたログ 101

2.51 / 評価:74件

映画を作り慣れてない感じ

  • やんすけ さん
  • 2018年8月12日 8時22分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画を作り慣れていない人たちが作った印象を受けます。細かいところで不自然な部分や演出があり(例えばベランダで寝てしまって朝起きる目覚めのシーン。よくあの演技でOK出したね)、それらが積み重なることで映画全体が嘘っぽくなってしまっています。役者さんだけの力で何とかするのは厳しいですね。他にもエンドロールでのタイトルがもう一回出てくる演出も不必要(マテリアル感のあるタイトル字体も作品にまったく合ってない)。一方でネット配信を絡めた演出では観客を引き込むシーンもありました。お話(脚本)自体は今っぽくてそれなりに楽しめます。それでも終盤の15分くらいで崩れちゃったかなぁ。もったいない。

キャスティングに関しては…どうだろう。久本雅美に関してはやはり喜劇舞台俳優なんだなと思うシーンがちらほら。板野友美は独特な雰囲気(何を考えているか分からない感)が出ていて意外とマッチしていたと思います。脇を固めた役者さんたちは皆上手かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ