ここから本文です

体操しようよ (2018)

監督
菊地健雄
  • みたいムービー 54
  • みたログ 165

3.48 / 評価:137件

♪ 新しい朝が来た 希望の朝だ ♪

  • fg9***** さん
  • 2019年7月31日 13時38分
  • 閲覧数 139
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。
 『定年退職を迎えた佐野道太郎(草刈正雄)は、妻がこの世を去ってから18年仲良く暮らしてきた娘(木村文乃)に、佐野家の主夫になるように言い渡された上に、娘に恋人がいることを知ってショックを受ける。
 ある日、道太郎は公園で行われているラジオ体操に参加する。
 さまざまな世代や立場の人と関わり、さらには体操会のマドンナ(和久井映見)を好きになる。』
 「佐野家の主夫になるように言い渡された」というのはチョット語弊があるな。
 18年前に妻と死別して以来、身の回りのことは全てひとり娘の弓子に任せっきりだったので、定年退職を機会に、自分のことは自分でやるように、弓子にも弓子固有の人生があると親離れを宣言されてしまったのだった。
 そこまで言われたらやるっきゃない!と始めた道太郎だったが、家事全般に亘って何一つまともに出来ず、陽の明るいうちから酒を喰らう毎日を過ごしていたのだった。
 そんな折、海辺の公園で1人佇んで涙ぐんでいる女性と行き会い、なんとなく魅かれてその女性の後をコッソリ付けてみると、その女性は喫茶店の主だったので、成り行きから客となって、世間話に花を咲かせるうちに、その女性・のぞみから仕事先を紹介されるのだった。
 その仕事先の主人がラジオ体操の会の会長・神田(きたろう)で、その体操会のマドンナ的存在がのぞみだったという訳だ。
 仕事の内容はと言えば、子供の子守から町の商店の宣伝に至るまで、地域密着型の雑事全般を請け負う万屋といったところだ。
 そこには天体観測が趣味の薫という名の青年も働いていたが、仕事の内容と同じくどこか風采の上がらない青年なのだった。
 以上で主要登場人物は出揃ったので、以下、端折って書き進めよう。
 会長・神田が足を骨折したので、のぞみが会長代行を務める。
 のぞみのために張り切った道太郎は、ラジオ体操のマニュアルを作ったりして、ハードな取り組み方を皆に強要したので、造反組が離散する。
 道太郎は弓子をも抱き込んでラジオ体操会の存続に躍起となる。
 弓子は体操会に薫を連れて来て、結婚を前提に付き合っている男性だと父親に紹介する。
 紹介された道太郎は、薫のことを「ロクな仕事もしていない癖に、弓子を幸せにできる筈がない!こんな奴との結婚は認められん!!」と喚き散らす。
 悪し様に拒否された弓子は、「自分の人生は自分で決める!お母さんじゃなくて、お父さんが死ねば良かったのに!」と言わずもがなのことをぶちまけてしまう。
 その有様を困惑しつつ見ていたのぞみは、我知らずのうちに弓子の頬を叩いてしまう。
 「喧嘩できるだけ、幸せよ……」と呟いて、のぞみはその場を立ち去る。
 その後、のぞみが嫁ぎ先の旅館で火事を出して追い出され、また、彼女には1人息子がいることも明かされ、道太郎の車の運転で会いに行ったりするエピソードも織り込められている。
 話を体操会に戻すと、道太郎の趣味を活かしたイラスト案内と誠意ある謝罪の甲斐あって、造反組も元に戻り、神田も会長に復帰して、「そこそこ元気に楽しく」のラジオ体操の会が再開する。
 ラスト、弓子と薫の結婚披露パーティーがのぞみの喫茶店で挙行される。
 体操会のメンバーが祝福に駆け付けている。
 〆は、道太郎のスピーチだ。
 「私は38年間、会社を無遅刻無欠勤で務めてまいりました。しかし、たった1日だけ早退した日がありました。それは、娘の生まれた日です。その日から、私はこの子を一生守っていこうと決意しました。でも、守られていたのは私の方でした。妻を亡くして以来、ずっと娘の優しさに甘えてきてしまいました。今まで、本当にありがとう……これからは、末永く2人でお幸せに……」
 幾分か作文気味になってしまったが、道太郎のスピーチは、ベタながらも娘の幸せを一途に願う父親の情愛に満ち溢れていて、ウルッとなってしもうたワイ。
 ラジオ体操をネタにして、第二の人生を歩まんとする父子の極めてフツウの話だったが、フツウが故の愛おしさがそれとなく偲ばれる良作だった。
 エンディング・ソングには驚かされたな。
 RCサクセション(忌野清志郎)の「体操しようよ」という楽曲だった。
 こんな歌があったなんて初めて知った。
 この歌にインスパイアされて本作が出来たんじゃないかと思うほどにマッチしていたっけな~。
 エンディング・テーマまでウキウキさせられたので、こりゃもう、3.6点はあげなくちゃいけないだろうな。
 草刈正雄の腰の位置の高いスタイルは羨望の極みだったな~。
 また、片桐はいりの贅沢使いにも程がある!ってか……。
 さぁ、皆さん、ご一緒に!
 ♪ 新しい朝が来た 希望の朝だ ♪

 (メモ 総レビュー数:3421件、2019年度251作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ