レビュー一覧に戻る
GODZILLA 星を喰う者
2018年11月9日公開

GODZILLA 星を喰う者

902018年11月9日公開

dor********

2.0

キングギドラの出は良かったのにねえ…

アニゴジ3部作の最終回とあってシリーズ見てきただけにどういう結論を持ってくるのかと思ったのだが、結局何が表現したかったのかが分からなかった。 主人公は一体何をしたかったのかな? メカゴジラにしても本作のギドラにせよ、倒されかけたゴジラを救ったのは主人公だし、科学文明の残りを始末したのも主人公だ。 シリーズを通じて主人公はゴジラをどうしたかったのか、作者は作品を通じて何を表現しようとしたのかがさっぱり分からない。 キングギドラにしても、出の際の計器に数値が表れてないのに実体化している「訳の分からなさ」なんかは怪獣のとんでもなさを上手く表現してるな、とは思ったけど、何?、結局誰かに操られてる訳?、なんかちゃちい装置で。 つい「なんだ、X星人かよw」とか思っちゃう。 そもそも、彼若しくは彼らは、何処でキングギドラを知り、どうやって操る術を手にしたのかな? ってか、そんな事が出来るなら、最初からやれよ!、みたいなw 物語全体にしても「え?、ゴジラと人類って普通に共存出来るの?」って話で、共存出来るのなら争う理由無いじゃんw 戦闘シーンにしても、お決まりの「装置壊したら形勢逆転」で、何ら新しい展開もない。 シリーズ通じては、ゴジラやキングギドラの「怪獣としてのとんでもなさ」はそこそこ表現してるだけに、もうちょっと主題をハッキリさせて貰わないと、鑑賞の感想も何も無くなってしまう。

閲覧数1,547