レビュー一覧に戻る
GODZILLA 星を喰う者
2018年11月9日公開

GODZILLA 星を喰う者

902018年11月9日公開

鳴海 映

3.0

ネタバレSFアニメであって、怪獣映画ではない。

三作通して見てみて、やっとこれがSFアニメであることに気が付いた。←(遅い!) 何せ・・ゴジラが出ているので、 てっきり、怪獣映画と思い込んでいたので。 それに、”怪獣惑星”の展開は・・ お~、平成ガメラの続きか~、 などと、勝手に思いこんでいたからだ。 ところが、いっこうに、主役のゴジラが、物語の表舞台に出てこない。 むしろ物語のテーマの添え物的な(脇役)狂言回し的な扱いだ。 そりゃあ~、皆さん怒るわな。 ポリゴンピクチャーは色々な意味で頑張っていたし、 監督二人も頑張っていた。 CVの人たちも頑張っていたし・・ そうこの作品の功罪は、脚本の虚淵玄君にある。 と言い切っても、誰も反対はしないであろう。 なにせ、何でもかんでも紋切り型のセリフで説明したり、 やたらと、小難しい言い回しをしたり、 議論は怒鳴り合いの口調で進めたり、 悪役は、上から目線、主人公は熱血苦悩青年で、 朝から晩まで、世界の中心で苦悶し、身もだえている。 (それでもちゃっかり、異星人とチョメチョメしたりもしている。どういうつもりだ!)←(観客サービス以外の何物でもない) まあ、いろいろ言えばきりがないので、この辺で止めておく。 そういう事をひっくるめても、1度は観ても悪くない。 (2度は観ないと思うけどね)

閲覧数1,112