ここから本文です

GODZILLA 星を喰う者 (2018)

監督
静野孔文
瀬下寛之
  • みたいムービー 157
  • みたログ 1,063

2.49 / 評価:912件

解説

『GODZILLA 怪獣惑星』『GODZILLA 決戦機動増殖都市』に続く、『ゴジラ』のアニメ映画化シリーズの最終章。武装要塞都市を破壊したゴジラ“ゴジラ・アース”の前に、高次元怪獣ギドラが立ちはだかる。監督の静野孔文と瀬下寛之、ストーリー原案の虚淵玄、ボイスキャストの宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶裕貴ら前2作の面々が集結した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ゴジラ・アース討伐に力を注いできたハルオ・サカキだったが、ゴジラを倒すために人を超えた存在になるべきと唱える異星人種族ビルサルドと、それに反対する人間たちとの対立が表面化してしまう。やがてハルオは、ビルサルドの中心的人物であるムルエル・ガルグを葬る。さらにハルオの幼なじみのユウコ・タニが、ビルサルドによる人体の強制ナノメタル化で脳死状態になってしまう。ゴジラ・アースを倒す手立てが消えたと人間たちに敗北感と虚無感が広がる中、高次元怪獣のギドラがまばゆい光を放ちながら降臨する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ