ここから本文です

上映中

ボヘミアン・ラプソディ (2018)

BOHEMIAN RHAPSODY

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 4,108
  • みたログ 3.0万

4.52 / 評価:24798件

フレディを貶めるための映画

  • cooo_9 さん
  • 2020年1月11日 1時38分
  • 閲覧数 1874
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

フレディ・マーキュリーという人物が
とにかく薄っぺらい人間だったみたいな描かれ方をしています。

スポンサーを説得出来なかったら石投げて鞍替え。
女性の恋人がいたけどゲイがバレてそっちの道にドラッグと共にのめり込む。
両親はいないとインタビューで答えるほど家族に対する愛情がない。

クイーンのメンバーたちを「家」としながら
ストレス抱えてあっけなく辛辣な言葉で攻撃する。
結果高額なソロオファーに乗ってクイーンを捨てる。

自身のエイズが分かってメンバーに打ち明ける。
メンバー神妙な面持ち。涙するメンバーも。は?って感じ。

最後にライブ・エイドにクイーンとして復活出演。

この最後のライブシーンが良いって聞いていたので
ここはなんか凄まじい映像をもってくるか、本物の映像に切り替えるのかと思っていたが
なんのことはない普通にそのままモノマネライブ。退屈だなぁ…。

エンドロールで少しだけ流れた本物の映像だけ唯一良かった。
ならクイーンのライブDVDを観ろって話だよね。

映画としては駄作だし、マーキュリーという人間は
傲慢で愛がなくてしょーもないゲイだったと世界に発信したかったのか?
そう思うような演出と脚本だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ