ここから本文です

上映中

ボヘミアン・ラプソディ (2018)

BOHEMIAN RHAPSODY

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 4,146
  • みたログ 3.1万

4.51 / 評価:25419件

音楽に道徳はいらない。

  • yatch0807 さん
  • 2021年6月14日 1時11分
  • 閲覧数 699
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

音楽に道徳はいらない。
ゲイだろうが、ドラッグをやってようが、人を殺していようが、音楽さえよければそれでいい。
そんな風に音楽を聴いてきた。

説教臭い映画だ。
こんな偽善的な映画は大嫌い。
だが、☆5である。
ストーリーは0点だが、『あのLIVE AID』にもう一度魂を吹き込んでくれたから。

主人公のあまりのオーラのなさに見に行かなかったこの映画。
せめて金ローでやるなら見てみようと思って録っておいたが、どうしても見る気になれない。
重い腰を上げて見てみたが、違和感しかない…が、人間は慣れる生き物だ。
話が進み、LIVE AIDが始まる時には、もうフレディ本人にしか見えないwww

コールアンドレスポンスが終わる。
あ、ヤバっ…。次の曲は…。

イントロのギターが鳴った瞬間に号泣していました。
ヤバい、本気で嗚咽が止まらない。
その後、フレディがエイズだと発表された次の日に死んでしまった事、ロブ・ハルフォードがフレディとヤッたとか言ってた事、Paul RodgersがボーカルのQueenのliveで途中で帰ってしまった事、楽しかった事、悲しかった事がグルグルと巡り収拾がつかない。

大好きな曲「Hammer To Fall」。
Give it to me one more time!

犬も歩けばゲイにあたる展開もバカっぽいが、そんなこともどうでもいい。
音楽さえよければそれでいい。
そんな風に音楽を聴いてきたから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ