ここから本文です

上映中

ボヘミアン・ラプソディ (2018)

BOHEMIAN RHAPSODY

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 4,144
  • みたログ 2.9万

4.53 / 評価:23,739件

また会おう、ダーリン。

  • may***** さん
  • 2018年11月20日 19時49分
  • 閲覧数 3265
  • 役立ち度 180
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロックミュージシャンの伝記映画は様々あるけれど、1つのバンドや1人の人生を2時間強に完璧に収めることは難しい。

本物ではない。エンターテイメントとしての作品。
けれどこの映画は一瞬、現実と創作物の境界線がなくなり、何か芸術の化学反応が起きたかような不思議な空間を感じた。
Queenを愛する人たちの思いの渦が作品に込められ爆発したような。
音楽系の伝記映画で、ライブシーンがとんでもなく丁寧に作り込まれているのは嬉しいものだ。

20世紀は激動のロック史の時代だ。
当時のQueenを知る人達は、スクリーンの向こうに音楽と共に生きた日々を反芻し涙を流す。
あるいは自分が135分の映画を作るのだったらこんなんじゃない、あのエピもこの曲も入れ込みたい!!などと結局愛ゆえに憤慨する。

そして、タイムリーに体験していない若者世代では。
「あと○年早く生まれてたらタイムリーでライブを見たかったのに!!」とも思うだろうしそれはいつの時代にもありえることだが。
けれど2018年の現代情報社会の恩恵で、きっと当時では揃えるのには相当に時間が掛かっただろう沢山のPVやメンバーの心温まるエピソードを素早く知ることができる。
そして奥深い魅力から抜け出せなくなる(笑)

価値のあるものは、時代を越えて国境を越えて拡大していく。何度でも。
この映画を通して、またQueenという唯一無二のバンドの奇跡を通して、生きる希望のような優しく熱い炎を世界に灯してくれたことに感謝したい。

フレディが天国で、愛する人たちや愛する猫たちと、心穏やかに過ごせていますように。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ