2018年11月4日公開

熱狂宣言

752018年11月4日公開
熱狂宣言
2.7

/ 18

22%
6%
22%
17%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

大学生のときに飲食業に触れ、その面白さを知った松村厚久氏は、卒業後に日拓エンタープライズに入社する。その後1995年に独立し、飲食業に参入するための資金を得ようと日焼けサロンを経営して、2001年に「VANPIRECAFE」をオープンさせる。以降、飲食業以外にさまざまな事業も手掛けるなど順風満帆な日々を過ごす一方、自身が若年性パーキンソン病だということを公表する。それでもなお突き進む松村氏に、奥山和由監督が迫った。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(9件)

勇敢21.7%かっこいい17.4%切ない17.4%泣ける13.0%楽しい8.7%

  • nkm********

    2.0

    ダイレクトシネマ!

    余計なナレーションなどがない分、スクリーンの中に映し出される一人一人の言動が、直観的に頭の中に入りこんでくる作品。 もし自分が。。とスクリーンに登場するそれぞれの人々の立場だったら、、と色々と考えられさせました。まさにダイレクトシネマ、です。

  • asa********

    2.0

    ネタバレ止まったら死ぬぞ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tzm********

    3.0

    主人公の生き様から何を感じ取るか

    名プロデューサー奥山和由が監督となり、パーキンソン病に侵された経営者松村厚久氏を取り上げたドキュメンタリー。 松村氏の人間的魅力に惹かれた奥山監督が、その本質に迫るために虚飾をできるだけ排して描こうとしているので、ストーリーらしきものはない。そのため、感動物語や成功物語といった物語を期待していると肩透かしを食らうが、バイタリティに溢れ、時に病身の苦しさを吐露するがそれでも前向きさを失わず、いつも印象的なファッションの松村氏を見ていると、奥山監督が惹かれたのもわかる気がしてくる。

  • clk********

    1.0

    長く感じました

    難病を抱えながら闘う社長のドキュメンタリーという事で見に行きましたが、ナレーションやストーリーがなく、この主人公の社長の事を知らないと、内容が全くわからないというのが率直な感想です。もっと経営的な勉強ができるのかなと期待を寄せていましたが、そんな内容でもなく、この方を知らない人からしたらストーリーがないので、時間がとても長く感じられて少し思っていた作品と違いました。 当日の館内は、恐らく主人公の社長のお知り合いで席を埋め尽くされているような、そんな感じがしました。

  • yuri

    4.0

    観ているこちらが出汁のように煮出される

    この人に向き合うと誰もが正直になる、彼がただ真っ直ぐに純粋過ぎて、というようなことを最初の方のシーンで誰かが言っていましたが、分かるような気がしました。この映画や彼を前にすると、その人らしさが現れてくる感じ。心が濁っている人は、濁りが浮き出て来て、嫌な面ばかり探そうとするかもしれません。彼の周囲の人間には裏があるだろうと見るかもしれません。 彼の熱さに、自分自身が煮出されてくるような感じでした。そんな映画。 ナレーションも無く、時に周囲の人が撮影した映像も混じり、とても生々しく真っ直ぐにこちらに向かってくる感じ。 とても元気をもらいました。 良かった!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
熱狂宣言

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日