2018年10月19日公開

デス・ウィッシュ

DEATH WISH

R15+1072018年10月19日公開
デス・ウィッシュ
3.4

/ 1,164

12%
33%
44%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(200件)


  • ken********

    3.0

    B級ながら爽快感はある

    ブルース・ウィリスの存在感があるこの作品。 内容はほんとに普通のB級作品。 ストーリーは嫁さんを殺された医者ブルースが暗殺者となって 銃で悪者をコソコソと殺していくというハチャメチャな内容。 とにかく世の中の悪を裁くという一点に絞ってるところがいい。 世間にもばれそうでばれないというミステリアスな場面もあり 孤独なヒーローを演じる。 昨今のブルースは失語症で引退を余儀なくされたのがすごく残念。 彼の映画界での功績は素晴らしい。 映画人として人生を全うしたと言える。 彼の演技を堪能してほしい。

  • かわかぜ

    3.0

    復讐劇

    やっぱりブルース・ウィリスは銃が似合いますね。 映画はオーソドックスな復讐劇で作品のテンポもよく面白かった。 しかし、悪く言えば淡々と進んでいる印象を受けたので、もう少し被害に遭う家族に感情移入出来るようにしたらいいなと感じた。 作中ではガンショップに立ち寄り銃を選ぶシーンがあったが、良くも悪くも銃社会アメリカ。治安の悪さは大きな社会問題だと改めて感じた。

  • ☆希望の星☆

    3.0

    面白い設定…アメリカの現実も垣間見えた

    医者が復讐のため 銃を手に入れ 腕も上げ 犯人を確実に仕留めていくのを 目を離せず観てしまった 監督は以前 観て内容はくだらないけど 画面がきれい 大変 いい作りの映画だと感心した ノックノックのあの監督さん 音楽といい 作りのスピード感  画面の絵がきれいで 2回続けて観た いわゆるワルを撃ち殺している犯人を 英雄視するほど治安が悪化している

  • nisan

    4.0

    捕まらないの?

    強盗に家族を襲われた医者が、葛藤しながら復讐する話。面白かった。 ただ、あれだけ人を殺しておいて、逮捕されない上に、普通の生活に戻るってムリがあると思う。

  • mom********

    3.0

    強いお父さん

    テレビでやっていたので 吹き替えで見たのですが 字幕で見たらもっと面白かったかなー 強いお父さんシリーズ好きです

  • hi_********

    4.0

    ネタバレ温厚な人が家族が襲われたことで復讐鬼に…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuki

    2.0

    何度も観るようなものではない

    つまらなくはないけど 一度観たら十分な映画ですね。 いつも思うけど 一般人が簡単に銃を買えてしまうなんて ろくでもない国ですよね。

  • ike********

    5.0

    必殺仕置き人のハリウッド版か?

    犯罪都市で、警察の手が回らず、犯罪被害者が何寝入りするしかない状況下で、それまで犯罪とは縁がなく平和な生活をしていた医師が、家に押し入った強盗に、妻は殺され、娘は瀕死の重傷を負わされ、怒りに燃えて、全くの素人である殺し屋となり、次々と凶悪犯を「処刑」して、そのまま普段は普通の生活をし続けると言う物語である。 最終的には、主人公の家族を襲った強盗団を次々と突き止め全てを葬り去るとともにそれ覧強盗団と関係のある犯罪組織からの攻撃も撃退し、「めだたし、めだたし」で終わると言う痛快なアクション映画であった。 ブルースウイルスの医者役もなかなか決まっていた。

  • tom********

    5.0

    ネタバレ鉄板なストーリーがいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • puu********

    4.0

    なかなか面白かった

    途中、ブルースがボコられるシーンに、ブルースの老いを感じたし少し寂しい気持ちになった。

  • izq********

    3.0

    ネタバレ悲壮感や異常性がもの足りない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bpp********

    3.0

    ネタバレ実は相当高評価して星3

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    3.0

    リメイクはオリジナルに勝てない見本

    記憶だけで比較するのは はばかられるので 、オリジナルの「狼よさらば」(1974年制作、チャールズ・ブロンソン主演)を再見してみました。 結果は記憶どおり。「狼よさらば」は まぎれもない傑作で、このリメイク版は遠く及ばぬ凡作です。 「狼よさらば」では、カージーが精神的打撃から、仕事を通じて徐々に立ち直っていくさま。 ふとした偶然で追いはぎを撃退するが、普通のビジネスマンが思いもかけぬ経験をし恐怖に震えるさま。 その経験である種の自信を持ったカージーが、友人からプレゼントされた32口径リボルバーを持って夜の町を徘徊し、絡んでくる強盗を軍隊で習得した射撃術で片っ端から射殺し、天誅者として成長?していくさま。 ニューヨーク市警はカージーの存在をつかむが、お陰でニューヨークの凶悪犯罪が半減し、市民に英雄として偶像化され逮捕することもできない。 窮余の策でニューヨークから追い出そうと あの手この手で画策するが、カージーの活動は止まらず困り果てるさま。 最後はカージーも3人組と対決した際に撃たれて負傷し病院に収容される。 病室を訪れた市警警部に説得されニューヨークを去ることを決心するカージー。 最後に「警部、私が憎いか」、「いいや」というシーンではジーンときた。 このようにオリジナルは脚本、演出がすぐれ、法律に違反している天誅行為ではあるが大いに共感できる。 なによりも、ブロンソンの陰影のある圧倒的な存在感がすばらしい。 リメイク版は脚本、演出が平凡。 ブルース・ウィリスは大物だが、この映画に関してはブロンソンの魅力に遠く及ばない。 総合的に大差の判定負けという結果ですね。

  • rjf********

    1.0

    あっさり復讐劇

    妻を殺されたわりにブルース・ウイルスが冷静だし、何のためらいもなく死神(自警団)になってしまったように見える。ストーリーは単純なので、そういった部分があっさりしているとメリハリが感じられず退屈である。同じ理由で、役者についても個性以上のアクの強さが欲しい。ポール・カージーも刑事も元祖の方が遥かに上。ブルース・ウイルスは陽気なキャラなので、復讐ものには向いていないと思う。

  • sat********

    3.0

    ウィリス枯れすぎ元々大した名作でもない

    「狼よさらば」という作品のリメイクらしいが、 元の作品は以前午後ローかなんかで見たが、主人公が当時人気の渋おっさんでカッコいいって以外、話はただ主人公が街の悪人撃つだけで、人数も少ないし、心境変化や葛藤も描写が少なく、あんまり大した内容じゃなく、言われるほど面白くもないし、個人の復讐の是非問うような社会派の名作にも感じなかった なのでオリジナルと比べてどうこう言う固定概念は無しで見たが、演技も内容も近年の年老いて精彩欠いてB級メインに出てるブルースウィリスそのまんまで、英語版だとあのソフトな口調でボソボソ喋るだけだし、表情がいつも同じで感情の起伏も変化も伝わらないし、でただ数人行き当たりばったり的に悪人殺すだけ 犯罪多くていちいち丁寧に調査しないアメリカだから成立してるだけで、手口があまりにもザルすぎだし、医者だと足がつきそうな手段まで使うし、見てて「こんなんじゃすぐ捕まるだろ?」と違う意味でハラハラする 復讐の相手もただの強盗殺人のチンピラだから、復讐劇なら他にもっと壮絶でアクションも多い作品沢山あるから物足りないし、警察もマジやる気ない無能だから、仕方なく個人で復讐や自警ならまだしもそこまでじゃないし、悪人退治に快楽覚え感覚麻痺したり、正義のヒーロー気取りで意識高揚し人格変化してく訳でもないし、何考えてるのかイマイチよくわからず、全体的にすごくボヤッとしてる だいたい犯罪多発のアメリカの大都市で、2、3件悪人がやられた事件発生したくらいで、あんな死神だの、正義か悪かで皆大騒ぎしたりしないのでは? 最後1人残してるのにソイツは放置してるし、娘退院してかなり経っても悪人復讐に来ないし、で隠れてろ言われてるのに叫んで出てくる娘バカだが、ご都合で全て綺麗に片付くし でラストの厨二風ジェスチャー...やっぱB級だな なんか大した事件じゃないのに、無理矢理演出で「個人制裁の社会問題問う!」みたいにしてるだけだし、私刑は正義か悪かとか問題提起するような重厚な内容でもないし、そんな大した作品ではない

  • ane********

    2.0

    ネタバレ映画としては面白いが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    あなたが家族を守るのは、当然だ!

    テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞! 2021年7月16日(金)、地上波初放送! オイラが2021年に観た、251本目の映画! 『狼よさらば』(1974)、『ブレイブ・ワン』(2007)、そして本作、等、繰り返し作られて来た、自警の復讐映画! 家族や自分が殺されたり、酷い目に遭わされたとき、警察や司法制度によって、必ずしも満足のいく結果が訪れるとは限らない! そんな時、銃社会であるアメリカでは、ある意味、簡単に復讐ができてしまうのかも知れない! それはもちろん、是か非かで言えば、非でなければならないことであるはずである! しかし、それを是とする映画がたくさん作られているのは、それを望む人が多いということであろう! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • kaijuya

    2.0

    ジェイソン・ステイサムがやればいい役

    有名俳優が一度はやりたがる、「家族が殺られる〜復讐する」のパターンのやつ。家族復讐映画も出揃ってきたし一度ベスト3を決める時期ではないかと思う。銃器店のお姉ちゃんが唯一なんか良かった。あれで一本作って欲しい。 「狼さらば」のリメイクだなんて全く気がつかないくらい普通の映画だった。 監督がイーライロスじゃないっすか、拷問と血祭りはどうした?またしても有能な人がハリウッドで凡人になってしまいました。

  • bic********

    1.0

    緊張してる場面でのヒステリーは勘弁

    「隠れていろ」といわれてるのに、ギャーギャー喚いて、侵入者に自分の居場所を知らせる娘に辟易。シナリオの都合とはいえ、ああいうの見せられると、それだけで駄作認定してしまう。

  • koume1532

    3.0

    ネタバレ異色の復讐劇

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/10 ページ中