ここから本文です

あの頃、君を追いかけた (2018)

監督
長谷川康夫
  • みたいムービー 420
  • みたログ 1,095

3.52 / 評価:863件

感情移入できない

  • sns******** さん
  • 2020年12月19日 13時25分
  • 閲覧数 1382
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

元々私は坂道ファンであり山田裕貴くんのファンでもあり映画ドラマが大好きです。

とても楽しみにしていたのですが公開時は見に行くことが出来ず、やっと見ることが出来たのですが期待ハズレでした。

何よりも感情移入できない。飛鳥ちゃんの演技力は正直主演張れる程では無いと思います。
ただ圧倒的ヒロインなビジュアルと声と存在感ではあったと思う。
ただそんな真愛に惹かれ始める序盤の学生時代の浩輔は理解出来るが、後半が本当に意味不明だった。
浩輔が真愛を何年経っても忘れられず、ずっと思い続けるまでになった過程が全く描かれていないし、真愛にそこまでの魅力を感じなかった。

「犯罪者と芸術家が共存している」というセリフはkeyポイントだったはずなのに全くそれに関しても描かれていないし、真愛はそれのせいで付き合わなかったみたいに匂わせているけど、そこまで浩輔に「危険さ」を感じなかったのでただただ「じゃあなんで付き合わないんだよ!」って何回もツッコミたくなった笑
「私達はお互い好きなのに結ばれない」というあるあるだけど泣ける設定を全く活用出来ていなくて本当に意味不明でしか無かった笑

最後の新郎は絶対見るからにハイスペックそうな高身長イケメンを選ぶべきだったよ...イメージでいうと失恋ショコラティエの紗栄子さんの旦那みたいな。

とりあえず山田裕貴くんの演技力と齋藤飛鳥ちゃんのビジュアルが最高だったので星2にしておきます...。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ