ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

アリー/ スター誕生 (2018)

A STAR IS BORN

監督
ブラッドリー・クーパー
  • みたいムービー 1,081
  • みたログ 6,172

3.74 / 評価:5,190件

良い所と悪い所が極端

  • san***** さん
  • 2019年9月16日 4時25分
  • 閲覧数 983
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時気になっていたが結局観れなかった作品。
正直言うと所詮歌手が歌唱力を武器に自分を売り込む只のガガPR映画だろうなんて思ってましたが、観終わると割と良かった。

まず何を隠そうガガの歌声が素晴らしい。
もうこれは承知の上なのであれだが、素晴らしいものは素晴らしい。
曲もかなり良かった。

レディガガをレディガガとして観てはダメだと思っていたが、良く考えれば僕が知るレディガガはいつもド派手な衣装とメイクで素顔がよく分からない印象でしたので、画面に映る女性をガガだとはあまり意識してなかったのも良かったかもしれません。

ブラッドリーは相変わらずカッコよく言うことはありません。

ストーリー的には期待していなかったものの王道サクセスストーリーであるがガガとブラッドリーの魅力もあり以外と最後までのめりこめた。
ブラッドリー側に感情移入してしまい、アリーが手元から離れそうな、自分が惚れたあの知っているアリーでは無くなる不安や失望は少し理解できる部分があり、共感もできた。

それゆえに悪い部分がまた悪目立ちしてしまうとても惜しい作品だと感じた。

まず、全体的に断片的な映像の繰り返しで、観ていたらその世界観には慣れては来るが、おや?となるシーンも多々あった。

そしてトントン拍子すぎる。
この手の映画でこのツッコミはナンセンスかも知れないがそれにしても良く出来すぎかな。
起承転結も起承承承承承転結!というリズム。
このパートで行くならもう少し2人のバックボーンを掘り下げて欲しかった。

もちろん劇中で2人の背景は語られるが、ストーリーを次に次にと進めたいがためにお粗末になってる印象。

そしてラスト。
そりゃねーよ。あまりにも悲し過ぎる。
実話でないのならせっかくレディガガを使ってるんだから思いっきりエンターテイメント方向に振っても良かったんじゃないかな?

うーん、、良いんだけど結局ガガとブラッドリーの魅力と少しのプラスαで保たれた作品。
ギリギリで何とかまとめられてるかな?
落とし所は気に食わなかったけど。


最初のハードルが低かったため、思った以上には良かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ