ここから本文です

アリー/ スター誕生 (2018)

A STAR IS BORN

監督
ブラッドリー・クーパー
  • みたいムービー 1,076
  • みたログ 6,568

3.73 / 評価:5495件

音楽が素晴らしい

  • den******** さん
  • 2021年4月30日 11時48分
  • 閲覧数 244
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇中に出てくる音楽が素晴らしいです。
最初のシャロウでは感動で涙が…

元となった映画、スタア誕生ではミュージカル女優として羽ばたいていく妻にたいして落ちぶれていく夫、というストーリーでしたが、
こちらはそのミュージシャン版。
基本的にはスタア誕生のストーリーに忠実ですが、キャラクターの性格は変わっています。
スタア誕生のノーマンはスター故のプライドが高いアル中笑、でしたが、こちらはプライドの高さはなく難聴のアル中笑です笑
個人的には難聴設定がストーリーに対してあまり影響はないので、その設定は要らなかったんじゃ…とも思いますが、ジャックの生い立ち故の苦労・孤独を表現するツールとして設定したんだと思います。
そういえばスタア誕生のノーマンは生い立ちって語られませんでしたもんね。
(語られたかもだけど、記憶にないってことはそこまで悲惨じゃなかったはず)

アリーも元となったエスターも、夫を献身的に支える妻、というのは変わりません。
そりゃあ元となった映画は半世紀以上前の映画なので、エスターのほうは夫に尽くす表現が多いですけど、アリーだってツアーキャンセルするぐらいだからそこら辺はスタア誕生にストーリーに忠実です。
男の人はなんでそこまでダメ夫に尽くすんだろう?と思うかもしれませんが、やっぱり自分を見出してくれた恩人、惚れるよなーって私は思います笑
だってその恩人も才能溢れる人で、その恩人の才能の素晴らしさを知っているんだもの、アル中に負けないで支えて立ち直って欲しいよね…。
この映画でも結末は変わりません。最後の名シーン(私はメイン夫人です、というところ)もあります。
夫を失った妻はこれからどう生きていくんだろう…と想像を膨らませられる結末も素敵です。
私はどうであれ、こんな素晴らしい歌を歌う人にはどこかで歌っていて欲しいな…と思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ