2018年10月12日公開

覚悟はいいかそこの女子。

952018年10月12日公開
覚悟はいいかそこの女子。
2.7

/ 238

16%
16%
23%
16%
30%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

容姿に恵まれたことから、常に女子に囲まれて育った男子高校生の古谷斗和(中川大志)。女性にもてると思い込んでいる彼だが、これまで誰とも交際した経験がなかった。ある日、恋人ができた同級生の男子から女子の観賞用男子だと言われた斗和は、簡単に彼女が作れると豪語し、学年で一番の人気を誇る美女・三輪美苑に告白するが一蹴されてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(23件)

かわいい15.4%楽しい15.4%ロマンチック13.8%かっこいい12.3%笑える12.3%

  • まー

    1.0

    いろいろと酷い…

    とりあえず絶世の美女がアレじゃないでしょ! むしろAV女優にいそうなタイプ。 観賞用男子もアレじゃないよね? …と、いう有り体なツッコミはさておき、 脚本も設定も演技、展開に至るまで腐っています(汗) ながら作業の暇つぶしでかけ流すには丁度良かったけど、 特に酷かったのがクライマックス… 風邪で寝込んでいる子を雪の中、引っ張り回して、 「ほら雪だよ」は無い(苦笑) しかもそれで好きになるとか意味不明。 ご都合主義とか通り越してどっちらけです。 対象年齢は脳みそお花畑な女子小中学生かな? まともに見るのは時間の無駄です。 タイトルも最後まで意味不明でした。

  • ilq********

    2.0

    夢見る女子中高生に捧げるムービー

    お手軽青春ラブコメ。 恋する主人公やヒロインはもちろん、友達も、オトナである親も先生も借金取りさえも!登場人物みんなかわいい。 かわいい というのは幼く単純でピュアで一生懸命だけど隙だらけで、こちらが上位な立場からヨチヨチと愛でる対象 というような感情のソレ。 世間からみたらちっぽけな出来事でも、彼らの日常からすれば一大事なことがあれこれと起こる。 でもホント小さい何てことない縺れやトラブルで、こんなことで悩むのかわいいな♡の世界。 映画を見慣れているものには穏やかな普段過ぎて、何も起きない展開に(いや、彼らにとっては大変なことなのだが)物足りなく飽きてくるのも正直なところ・・・ 見どころは今となっては貴重な?唐田エリカの初々しいお姿。 演技も中川大志に比べると拙く、表情も乏しいのでこの先女優として不安な気もするが、清純で寂し気で愛され感満載なビジュアルは目に焼き付けた。 ただ設定されていた、スタイル抜群で誰しも憧れる高嶺の花で凛とした美女、というタイプはきつかった。 彼女の魅力は儚げで健気で、気づいたら静かにそっと寄り添ってくれているような、昔の例えでいうと大和撫子?月見草?糟糠の妻感?みたいなw 伊藤健太郎も脇で出ていてセリフも少なかったが、やはり華があり目立っていた。早めに復帰できるといいが・・・ 原作は少女漫画ということもあり、少女の思い描く?夢とロマンと妄想のストーリー! 特にとわが、みそのを心配に思うあまり即!?隣の部屋に引っ越してくるなんてちょっとあり得ない。 高校生が?いきなり一人暮らしで?アパートの契約そんなすぐできるかい?家具とか夜中に運んだの?なーーーんて現実に戻されないように、必死にJKの頭になる必要があった・・・・・ そういう細かいところを突っ込まないで見れば、のほほんホワホワ夢みがちラブきゅん映画でなんの得もないが損もない【かわいい】作品。

  • たーちゃん

    2.0

    ネタバレハードル上げすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rag********

    2.0

    暇つぶし惰性映画

    製作会社が「予算少ないけどなんかそろそろ映画作るかぁ」って簡単なノリで作っただろう無駄映画。 とりあえず多少有名なキャスト、多少はウケそうな恋愛のストーリーをチョイスしたんだろう。 10人いたら1,2人ぐらいはよかったと言うのかな?とてもじゃないけど、内容と脚本にどうしてもみんなが面白いって言うヒット作を作ろうという熱を感じない。それなりにはお金かかるだろうに、よくこんな映画作ろうと思えるな……マジで無駄な労力笑。 俳優さんは頑張ってたので☆2で。

  • drm********

    2.0

    ネタバレこんなもの

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
覚悟はいいかそこの女子。

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日