ここから本文です

覚悟はいいかそこの女子。 (2018)

監督
井口昇
  • みたいムービー 54
  • みたログ 195

2.71 / 評価:174件

合わない2人

  • nehikin さん
  • 2018年10月16日 2時20分
  • 閲覧数 929
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

マンガ原作だし、子供向けなので、シチュエーションのメチャクチャさや設定の矛盾には突っ込みません。
最後の方は少し感動したし、テンポも良くて面白かったです。
ただ、主人公の中川君とヒロインの唐田さんの相性が悪過ぎます。
唐田さん、あの顔で、クールな役柄を演じてると、こういう軽い映画では無表情過ぎて棒演技に見えます。
中川君が思いっきりこの映画のテイストに合わせてオーバーアクションをしているので、それの対比としてわざとクールにしているのでしょうが、ちょっと方向性が違うような気がする。
それと、原作読んでいないのですが、原作と違っても作る側がもう少し顔も演技も脚本も可愛らしくしてあげれば良かったのに。
中川君の他、お友達も、先生役の小池さんも、花屋の店員に至るまで、派手で綺麗な顔立ちの役者さんを揃えているせいで、彼女の地味な顔立ちが悪い方に見えます。性格の設定も、「なんでこんな子がいいの?」と思えるほど。美人で人気者設定なのに、友達といるシーンがないし、廊下でゴミ箱持った子とぶつかったシーンは「性格悪っ!」と思ってしまいました。
中川君の引き立て役に見えて可愛そうでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ