レビュー一覧に戻る
誘拐アンナ
2018年7月21日公開

誘拐アンナ

ANNA VOLEUSE/ANNA (KIDNAPPER)

302018年7月21日公開

ryo********

1.0

アンナがチョロすぎる…

特にルパンや峰不二子に高い関心を持ってるわけではないのですが、もののはずみでこの二本を連続鑑賞しました。何年か前に同時上映した映画館もあったようですね。 ■「誘拐アンナ」 2018年 日本/フランス バイクを駆って誘拐を生業とするアンナ。今回のターゲットはいけすかない好色野郎。 「卒業」のパターン違いのラストみたいな場面から始まり、それは、おっ、ずっとこんなん観せてくれと思うぐらい期待通りのシーンで、その誘拐シーンとは別に「卒業」のキービジュアルそっくりな絵があったり、楽しませてくれそうだなと手ごたえを感じていたところ・・・ つ、つまんねえ… バイクの爆走シーンはまあまあカッコいいし、綺麗な絵もあるけれど、思わせぶりでスカしたセリフのほぼ全部がすべりまくりなものだから、カッコいいシーンが無駄で腹立たしくなってくる…「ファッショナブルな映画」なんて記事もあるけど全然そんなことないぞ。 日仏合作。クレジットを見る限りでは制作のイニシアチブは日本側にあったようですが、フランスかぶれの中2病をロクに治療もせず真っ直ぐにこじらせた大人が映画作ったらこうなるという見本ですね。 60年代テイスト出そうとしてるけどそうでもないし… なによりアンナがチョロすぎる。 見下してたはずのナンパ野郎にいとも簡単に心奪われて…アンナには最初から最後まで顎を蹴飛ばし唾を吐きお預け喰らわせてマウント取り続けて欲しかった。使わないようにしてる言葉ですが、駄作です。 というわけですが、30分未満の作品なので後を引くことなくサクっと終わらせて、「誘拐アンナ」がオマージュとした作品を続けざまに観ることにしました。 ■「あの胸にもういちど」 1968年 英国/フランス アラン・ドロンの映画観るなんていつ以来だろ。○曜洋画劇場で「エアポート'80」観て以来? アニメ版峰不二子のモデルとなった作品はいくつかあるようですが、マリアンヌ・フェイスフル演じるレベッカが裸身にジャンプスーツ着てる点から、本作が1番インスパイアを与えてるっぽいです。詳しくは知らないので間違ってるかも知れません。 仏語タイトルはLa Motocycletteですが、「スーパーマン」のそれを彷彿させる自由気ままなクレジットタイトルと共に示されるタイトルはTHE GIRL ON A MOTORCYCLE。セリフも全編英語なので、まさかフランスがひよったわけではないと思いますが、英米マーケットで稼いじゃるけんワシら、おらおらフランスにひれ伏せよお前ら的な位置にあった作品のひとつなのでしょうね。 旦那がいるのにバイクにまたがってウキウキしながらアラン・ドロンに会いに行く、ああ早くあの胸に…盗んだバイクで行先も解らぬまま走り出したのが尾崎豊なら、買い与えてもらったバイクで越境して不貞を働きまくるのがレベッカ。 人生の何かを見透かしてそうでいながら、実は大学教授のダニエル(アラン・ドロンまじイケメン)に手玉に取られてチョロいチョロい・・・「誘拐アンナ」の主人公は本作を忠実にオマージュしてたのだ。アニメ版ルパンにおいてレベッカのビジュアルが取り入れられたそうですが、この生き方は取り入れなくて正解でしたね(笑)。とか言ってながらもしかしたら峰不二子にもチョロい部分があったのかも・・・? 欧州の大地をバイクでひた走る、一種のロードムービーとも言えますが、冒頭のシーンなどは1作目の「マッドマックス」を彷彿させるローアングルで、原始的な快感みたいなものを感じさせたり、ちょっとおもしろいカメラワークもあったりでバイクシーンは飽きさせません。一方で、レベッカの顔面を認識できるバイクシーンでは台車の上でバイク乗ってますってのがあからさまにもほどがあり、時代を感じられるから今見ると味わい深さがあります。 アラン・ドロンとの繰り返す逢瀬はもうたいがいにしときやと思いましたが、昔チラシで見た覚えのあった花を使った演出で思わず吹き出したり、そういえば「燃ゆる女の肖像」では鏡を使ってたなと思い起こしたり。 音楽は基本的に当時を感じさせるいい感じの劇判ではありますが、突然ハツリ工事みたいな騒音めいた劇判もあり、なんと言いますか、いろいろとチャレンジしていて、小粒なエポックメーキングさもあった作品なのでしょう。この中2病は個人的にOKでした。 アメリカン・ニューシネマの先輩風味がほんの少しあるのですが、素っ頓狂なラストはニューシネマのクリエイター達が影響を受けてそうな気がします。 とか言ってるうちに峰不二子にめちゃくちゃ興味が湧いてきたので、「LUPIN the Third -峰不二子という女-」「LUPIN THE IIIRD -峰不二子の嘘」を来年の課題作品に加えました。調べてて知ったんですが、峰不二子って名前、霊峰富士から拝借したそうです。ルパンファンには周知の事実なのでしょうか。

閲覧数116