レビュー一覧に戻る
愛しのアイリーン
2018年9月14日公開

愛しのアイリーン

R15+1372018年9月14日公開

spa********

2.0

ネタバレそこに愛はあるの?

後半にやたらエログロシーンが頻出するんでが、そこに至る必然性が希薄なため、見てる方は呆気にとられるだけで、カタルシスや感情移入が難しい映画でした。エッチの最中に顔にゲロとか、自分の自慰行為を見たからおまえも見せろとか、姥捨山も一応伏線的なものはあったけど、なぜそこまでの感情になるのかがイマイチ見えない。岩男が木に名前を彫っていたのはかなり大事なシーンだと思うのでが、えっ?そんな好きだったの?って感じで、全体的に強引な印象を受けました。 原作は読んでませんが、原作の何か大事なものが抜け落ちてるのではないかと感じました。例えば岩男が原作の通りデカくて野性味溢れる男だったら、全然違った印象の映画になったのではないでしょうか。原作のエキセントリックなシーンだけを無理やり持ってきたから、なんだかチグハグな映画になってしまったのかなぁ。出演者が熱演すればするほど、こっちがぽっか〜んとなるのは、ホントもったいないと思います。

閲覧数2,054