ここから本文です

閃光少女 (2017)

閃光少女/OUR SHINING DAYS

監督
ワン・ラン
  • みたいムービー 9
  • みたログ 22

3.61 / 評価:18件

中国発の王道青春音楽映画

  • aix******** さん
  • 2021年1月14日 12時51分
  • 閲覧数 233
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…すいません、櫻仔さん。ネタバレです。

この映画を「のだめ+海月姫+笑うミカエル」と評された方がいるが、当方は更にそこへ谷山浩子『カントリーガール』を加えたい。そんな中国発の爽快青春音楽映画。

個性豊かな弱小チームの物語は紆余曲折と途中の蹉跌と最後の成功がなければならない。
この映画も、その王道に則って物語が進む。コミコンでの成功。失恋からのバンド解散。西洋音楽科との対決と和解、協力して演奏会でのゲリラ演奏での成功。
そして伝統音楽科廃止撤回。マンガや映画、まして青春映画はそんな「キレイ事」でいい。
それを彩る曲が、また実に素晴らしい。演奏場面の楽曲と演者達の熱演は賞賛に値する。特に最後のゲリラ演奏は必見必聴。練習棟管理人のジイさんの意外な活躍もいいアクセントだ。

キャストも良い。
特にベイベイ役のルー・チャオホワとターター役のハン・チョンユィがカワイイ。西洋音楽科のメガネくんもいい味。

あと細かいところだと「給水機でしゃぶしゃぶ」が面白い。特に昭和のマンガで「ビーカーでインスタントラーメン」は見られたが、これはその斜め上を行く。良くも悪くも、その発想は無かったw

ただ、いくつか気になる点も。
・「無神経」ちゃん、無神経な発言した後は謝ろう。その和解場面は必要では。なし崩し的に和解ではなく。青春映画なら尚更に。
・アニメや少女マンガの演出は、この映画には不要だったかな。たとえ日本発のACGの影響が大きいとしても。
・コミコンの客が流石にわざとらしい。

という訳で、若干減点して星4つ。
でも、のだめカンタービレや和楽器バンドが好きな人には特にオススメ。
地元TSUTAYAでのジャケ買いならぬジャケ借りだったのだが、個人的には正解だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ