レビュー一覧に戻る
ザ・ミッドナイトマン
2018年7月15日公開

ザ・ミッドナイトマン

THE MIDNIGHT MAN

R15+932018年7月15日公開

bakeneko

5.0

ネタバレ半端なタイムリミットだなあ~

ミッドナイトマンという怪人と少女達の命を掛けたゲームを描いたホラーサスペンスですが、ゲームのルールと怪人の能力&攻撃性がきちんと提示されないので、どうやったら助かるのか?&どこまでがルールの範疇なのか?が判り難く、盛り上がりに欠ける作品となっています。 認知症が始まった祖母の介護をしているヒロインと友人達は、屋根裏部屋で不思議なゲームを見つける。説明書に沿って友人とゲームを始めると、それぞれの恐怖の対象の悪夢幻想を拡大して攻めてくる-ミッドナイトマンという怪人が現れて…というホラーで、「ジュマンジ」+「エルム街の悪夢」、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」に類似したシチュエーションですが、遥かに劣る出来栄えとなっています。 その原因は、怪人の目的意図が良く判らないことで、“殺したはずなのに幻影でした!”を何度も繰り返されると観ている側も、“死んだように見えるけれど、また何も起きていないんでしょ”と緊迫感が削がれてしまって、怪物が本当に殺しまくるクライマックスも盛り上がりません。また、ミッドナイトマンの造型はそこそこ恐いのですが、出現の仕方に貯めがないので恐いというよりはキモい感じが先行してしまいます。 一応ゲストに「エルム街の悪夢」のフレディー:ロバート・イングランドも顔を見せていますので、ルール違反をする怪人のチート攻撃に皆で突っ込んで愉しみましょう! ねたばれ? 1、そもそもこのゲームは痛い思いをして遊ぶ価値が有るのかなあ~(愉しくなさそうだし、勝っても何の得もなさそうだし…) 2、牡丹燈籠と同じ手を…(東西の妖怪は似ているなあ~) 3、フレディの癖に“認知症の老婆”に負けるとは!(落ちぶれたねえ~)

閲覧数896