ここから本文です

この世の果て、数多の終焉 (2018)

LES CONFINS DU MONDE/TO THE ENDS OF THE WORLD

監督
ギヨーム・ニクルー
  • みたいムービー 38
  • みたログ 24

3.53 / 評価:17件

解説

第2次世界大戦末期のフランス領インドシナを舞台に描く戦争ドラマ。当時ベトナムを支配していた宗主国フランスの視点で、一兵士が体験する地獄のような日々を映し出す。『ハンニバル・ライジング』などのギャスパー・ウリエルが主人公を演じ、『シラノ・ド・ベルジュラック』などのジェラール・ドパルデューらが共演。ギヨーム・ニクルーが監督を務め、現在のベトナム・ラオス・カンボジアにあたるインドシナ半島東部で実際に行われた戦争の闇に迫る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1945年3月、フランス人兵士ロベール(ギャスパー・ウリエル)だけが、大量虐殺を逃れて生き延びる。ベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンに兄を殺害された彼は復讐(ふくしゅう)を誓い部隊に復帰するものの、ジャングルでのゲリラ戦は過酷を極めた。ヴォー・ビンの行方が分からない中、ロベールはベトナム人娼婦(しょうふ)のマイに惹(ひ)かれていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ