ここから本文です

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語 (2017)

ANNA KARENINA. ISTORIYA VRONSKOGO/ANNA KARENINA: VRONSKY'S STORY

監督
カレン・シャフナザーロフ
  • みたいムービー 12
  • みたログ 26

3.55 / 評価:20件

帝政ロシア時代の再現にうっとりした

  • nob***** さん
  • 2018年11月20日 21時41分
  • 閲覧数 682
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アンナ・カレーニナの映画化はこれまで何本かみたがロシアははじめて。原作にはない後日譚の体裁だが、行ったり来たりする回想シーンと現在の野戦病院シーンは時代をそれぞれかなり忠実に復元しているのではないかと思いました。時代設定からか全体に暗い感じの映画ではあります。劇場や舞踏会シーンはろうそくの照明なので豪華だけどうす暗く貴族の屋敷も重厚。いかにも帝政ロシア時代という感じ。競馬場シーンは社交界の華やかさと競馬の躍動感にあふれて迫力がありました。こういうのがみられてよかった。日露戦争の戦場シーンはリアルで迫力。怖かった。
アンナは首筋、デコルテ、細い腰、立ち居振る舞いが美しい女優さん(原作はもっとふっくらな熟女イメージだったけど)。ブロンスキーもかっこよかった。若いとき読んだ原作ではもっと軽薄な若造を想像していた。
恋にとらわれたアンナがだんだん自分を見失って破滅していく演技は胸に迫りました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ