ここから本文です

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語 (2017)

ANNA KARENINA. ISTORIYA VRONSKOGO/ANNA KARENINA: VRONSKY'S STORY

監督
カレン・シャフナザーロフ
  • みたいムービー 12
  • みたログ 26

3.55 / 評価:20件

解説

ロシアの文豪トルストイの「アンナ・カレーニナ」にヴィケーンチイ・ヴェレサーエフの日露戦争の体験記を取り入れ、ヒロインの死後の物語を描いたドラマ。軍医と幼いころに彼を捨てた母アンナ・カレーニナの愛人だった大佐が出会う。監督は『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』などのカレン・シャフナザーロフ。エリザヴェータ・ボヤルスカヤ、マクシム・マトヴェーエフらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

日露戦争開戦から間もない満州で、軍医のセルゲイ・カレーニン(キリール・グレベンシチコフ)のもとにアレクセイ・ヴロンスキー大佐(マクシム・マトヴェーエフ)が運ばれてくる。かつて母親のアンナ・カレーニナ(エリザヴェータ・ボヤルスカヤ)は、幼い自分と父親を捨ててこの男を選び、自ら命を絶った。かつてカレーニンはヴロンスキーを憎んでいたが、年月を経て、今は母の真実が知りたかった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ