ここから本文です

それだけが、僕の世界 (2018)

KEYS TO THE HEART

監督
チェ・ソンヒョン
  • みたいムービー 148
  • みたログ 543

4.22 / 評価:453件

解説

ハリウッドでも活躍しているイ・ビョンホンらが出演し、『王の涙 イ・サンの決断』で脚本を担当したチェ・ソンヒョンが監督を務めたドラマ。一人で生きてきた元プロボクサーの兄と、サヴァン症候群を患う弟の再会を描く。『太陽を撃て』などのパク・ジョンミンが弟を、『バッカス・レディ』などのユン・ヨジョンが母親を演じる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

40歳を過ぎたジョハ(イ・ビョンホン)は、アジアチャンピオンだったこともある元プロボクサーだが、今では昔の面影はなかった。ある時、彼は子供の頃家を出て行った母親と数十年ぶりに再会し、そのとき初めて自分にサヴァン症候群という病気の弟ジンテ(パク・ジョンミン)がいることを知る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ