2018年10月19日公開

億男

1162018年10月19日公開
億男
3.3

/ 2,809

18%
26%
33%
15%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

失踪した兄が残した借金の返済に追われ、妻子に見捨てられた図書館司書の一男(佐藤健)は、ある日突然宝くじで3億円が当たる。狂喜するも高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を読み不安になった彼は、億万長者になった大学時代の親友の九十九(高橋一生)に相談する。久々の再会に浮かれ酔いつぶれた一男が目覚めると、3億円と共に九十九の姿も消えていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(437件)

切ない16.8%知的12.5%泣ける9.9%不思議7.5%笑える7.4%

  • bla********

    4.0

    おかねの価値

    落語「芝浜」をしのばせ、お金の価値とは?と投げかける良作です。佐藤健の美を徹底的に封印してカッコ良くない男を演じさせているのも見どころかと。

  • aaatzzz

    1.0

    エゴイスト

    仲間うちで造った娯楽を見せられてるだけ?

  • lud********

    3.0

    可もなく不可もなく

    ストーリー的には可もなく不可もなく。 観ている一般人に何を伝えたいのか? 大金を手にした人達の金の考え方など。 3億手にしたら、働くのを止めて、ぶらぶらと生きて行くかな~ 年に二回は海外旅行したりして。 年間600万で暮らすとして、死ぬまで無くならないだろう。そのレベルの生活で俺は十分だ。 大好きなエライザの美しくもエロい姿を沢山観られて幸せでした♪

  • 鷹觜 やすゑ(98)

    3.0

    高橋一生

    あまり評価が良くないようですが、個人的には悪くない映画でした。特に、高橋一生の演技力に圧倒されました。 彼が演じるのは、主人公・一男の親友・九十九(つくも)。彼は吃音症です。こういうデリケートな問題は、演技が下手だと、当事者の方は、馬鹿にされてるとかふざけてると感じてしまうと思うのですが、これがとても自然で上手かった。なかなか演技で出来る事ではないと思います。 ストーリーは、お金にまつわる色んな人間の考え方、使い方。 コメディかと思い、軽い気持ちで観ましたが、思いの外きちんと中身がありました。 宝くじで当たった3億円を親友・九十九に持ち逃げされる一男。親友とは言え、そんな事話すなよ!と危機管理能力の甘さに突っ込みたくなりましたが、ラストで九十九が取った行動は…… しかしながら、3千万の借金(兄の保証人になったせい…お人好しで不運です)がある父親はやはり嫌です。 最低限のお金、あるいは、大金を手にしていても慎ましく暮らし、身近な幸せを噛み締められる人が一番幸せという事でしょうかね。

  • qsg********

    1.0

    ネタバレただただ予想通り何もない。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
億男

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日