2018年11月24日公開

斬、

KILLING

PG12802018年11月24日公開
斬、
2.9

/ 313

12%
20%
34%
18%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

江戸時代末期の日本は、開国か否かで大きく揺れていた。困窮の末に藩を後にし、農村の手伝いをする浪人の杢之進(池松壮亮)は、近所に住む姉弟のゆう(蒼井優)と市助(前田隆成)と共に時代の変化を感じながらも静かに過ごしていた。そこへすご腕の剣士・澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の剣の腕を見込んで動乱の京都に彼を誘おうとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(92件)

絶望的16.8%不気味15.3%切ない14.5%恐怖13.7%悲しい10.7%

  • ilq********

    1.0

    最後まで観るのにひと苦労

    緊迫感があり目が離せないはずなのに退屈。 それでも前半は良かった。 日本の原風景のような山と田んぼ、少年が剣術の稽古をつけてもらっている。 その姉のゆう。 粗末な着物でもちろん化粧っけもないが、凛とした美しさがある。 彼女の想い人で剣の腕も経ち農民にも人望はあるが、どこか諦めたような主人公杢之進。 無口で朴訥とした杢之進と勝気なゆうが、不器用にお互いの気持ちを確かめ合うシーンはエモくエロい。 と言っても、いかにも、な絡みではなく古風でしっとりとした、なんか覗き見しっちゃているような?罪悪感を導くようなアングルとカットにドキドキ。 途中、残酷な殺陣シーンやゆうの葛藤などを経て物語は佳境に向かっていくが、何故かつまらない。 舞台もずっと山や森などの風景から動かず、絵替わりもしないので飽きてくる。 蒼井優演じる、ゆうの顔が見どころのひとつなのか?無邪気に笑ったり、怒りで絶叫したり、覚悟した悲しさや絶望・・・汗と泥と血にまみれて蒼井優がんばったと思う! ただ全体的に暗く(ストーリーだけでなく、視覚的に実際に明度が暗い)演者の表情も見にくいほど。 あと、これは映像では致命的だと思うのが池松壮亮のボソボソ喋り。 覇気のない武士、というリアル感を追求したのかもしれないが、セリフが!言葉が!観客に伝わらなければ意味がないと思う。 この作品ならではの役作り、というなら仕方ないが大抵いつも彼のセリフはあんな感じ・・・くちを開けず声を張らない、でもここぞ!というときは爆発力抜群。 でも、やっぱり普段の会話がボソボソふにゃふにゃ話してるから聞き取りにくく残念。 ラストあたりの追いかけっこ(比喩)は、もうお腹いっぱい!早く終わらないかな~と飽き飽き。

  • モナリザパーキング

    3.0

    予想つかないラストにおののく!

    斬、 村の手伝いをしながら、食い繋ぎ、江戸に向かう予定をしていた浪人が主人公。 悪党しか手を出さない悪党に出会い友情を繋いでいた。 悪党は村を脅かす存在と決められてしまい、江戸を目指す凄腕剣士が皆殺しにしてしまった事から、侍主人公と凄腕剣士と娘の行動が変化していく! 全く予想の付かない方向へ進むラスト! 観るものの解釈に委ねられる監督ならではの切り口‼️ ◉75B点。 ★彡独特な世界観と刀の凄み、ラストの解釈はとにかく記憶に残る映画でした。誰も真似の出来ない映画だと思います。 🟠良くも悪くも印象ベスト5! 5️⃣監督らしい記憶に残る映像は大好物◎ 4️⃣ 行き着く先が見えないストーリー 3️⃣主人公と娘の心が解るようで解らない△ 2️⃣ややブレてくる話がもったいない!× 1️⃣刀の凄みと侍の気迫がエグい!これに尽きる◎

  • her********

    1.0

    現代語訳時代劇

    時代劇に仮託して、青春の苦悩(反戦?)を描いてみましたってか? お江戸に行く寸前に病に倒れるのは、「徴兵忌避」かい、なら剣を捨て鍬を持て! 観客をなめるなよ。 映画として成り立たせてから、「苦悩を描いて」みせろよ。 暗いは、セリフは聞きづらいは・・・ 尊敬に価する「塚本監督」、ちょっと「独り善がり=マスターベーション」が過ぎますぜ。 ズレてきてますよ。

  • caf********

    2.0

    ネタバレ昔の文学作品を観ているかのよう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nat********

    2.0

    相変わらずの変態監督

    「野火」でしんどい思いをしたのにも関わらず、ついつい気になってしまう変態監督塚本晋也 全くぶれない映画作りをされた本作品。 正直な感想としては全く面白くない(笑) まず冒頭のセリフが何言ってんのか聞こえない… ボリューム1.5倍にするぐらい あと、さまざまなカットに意味があると思うんだけど、それがなんなのかよくわからない… 暴力が暴力を生むだけだ、みたいなテーマはわかるけど、それを肉付けする物は、やっぱりよくわからなかったかな? 個人的に映画は面白くてなんぼだと思う。 エンタメ映画を好む人には全くオススメはできない

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
斬、

原題
KILLING

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル