2018年8月25日公開

ダブルドライブ ~狼の掟~

- 2018年8月25日公開
ダブルドライブ ~狼の掟~
3.7

/ 9

22%
44%
22%
0%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

家族のような存在だった仲間たちを次々と血祭りに上げた広澤を殺した我妻アベル(藤田玲)は、少年院時代の兄貴分・村上大児のところに行く。彼は、村上が率いる“サガミ連合”の一員である、車好きの五十嵐純也(佐藤流司)と知り合い打ち解ける。そんな折、大麻取引でヘマをした純也は多額の借金を負うことになり、闇金から金を借りてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(3件)

かっこいい22.2%勇敢11.1%泣ける11.1%恐怖11.1%かわいい11.1%

  • pin********

    4.0

    ネタバレ車ってかっこいいんだと気付きました!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pip********

    3.0

    主役の役者さんがいい味

    そんなに期待してなかったけど、そこそこ面白かった。 主役の役者さんが、哀愁というか味があってよ かった。 敵役のやくざが、あんなに体がちっちゃい小男なのに、メンバーが次々やられるのが不思議。 あと、登場する高級車はレンタカーなんだろうけど、あれでカースタントなんて、どっかぶつけたら、それだけで製作費が吹っ飛ぶ。そういう意味で危険な撮影。

  • メイン

    3.0

    カーアクション映画ではない(2)

    監督が代わった影響なのか、前作「ボーダーライン」よりも、コルベットC3 や R34 などチューンドカーの走行シーンが増えています。C3は独特のエキゾーストノートをうまく音響に取り入れてました。 しかし、肝心のクルマの登場シーンは移動場面のみ。カーアクションでお馴染みのカーチェイスはありません。ストーリーは「?」な部分が多く、結末も予想通り。Vシネマの域を脱してませんでした。本作の続編「龍の絆」も多分同じ感じかな…と思います。低予算映画なので「ベイビードライバー」のようなカーアクションは難しいとは思いますが、市街地ではなく閉鎖区画でのカーアクションを取り入れるなど、もう少し工夫してほしかったです。 (ついしん) 劇中に登場するコルベットC3は、パワーウィンドウではないので、イチイチ手回しで窓を開けるシーンには、ちょっと笑いました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダブルドライブ ~狼の掟~

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル