ここから本文です

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (2016)

LBJ

監督
ロブ・ライナー
  • みたいムービー 76
  • みたログ 169

3.79 / 評価:126件

解説

ジョン・F・ケネディ暗殺直後、第36代アメリカ合衆国大統領に就任したリンドン・B・ジョンソンに焦点を絞った政治ドラマ。突然国を背負うことになったジョンソンが、その後公民権法の成立に尽力する姿を描く。3度のオスカーノミネート歴を持つウディ・ハレルソンが主演を務め、リチャード・ジェンキンス、ジェニファー・ジェイソン・リーらが共演。『スタンド・バイ・ミー』などのロブ・ライナーが監督を務めた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

経験豊富で洞察力の鋭いリンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)は、ジョン・F・ケネディ大統領(ジェフリー・ドノヴァン)のもとで副大統領として責務を果たしていた。1963年11月22日、ケネディが暗殺されアメリカが混乱する中、ジョンソンは急きょ大統領に就任。人種差別を禁じる公民権法を支持すると、上院議員や司法長官と対立する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ