2018年9月29日公開

私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください

R18+1032018年9月29日公開
私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください
2.9

/ 139

16%
17%
31%
16%
21%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)


  • rat********

    3.0

    摩訶不思議な性の世界でエロは進化する。

    う~ん、わからん。 まぁ、エロ目的だから女性の裸が見れればそれだけで良いんだけど・・・ 主役の女性が好みでないってのがチョッとね。 【ネタバレ】 まぁ、なんと複雑な世界なんでしょ。 妻の不倫に気付いた夫が、さらにそれを強要する? 堕ちていく妻の映像を楽しむ?盗撮まがいの映像の数々。この夫の気持ちはわからない。 そもそも婚約者がいるのに、浮気する男も共感できないが・・・ とにかく、この作品の世界には自分の入り込む余地はない。 だから、引き込まれることはなかった。まぁ、それだけの1本です。 ハッピーエンドが唯一の救いです。とは言え、あんなにすっぱり変われるもんなのかね?子供って偉大。 いやいや、これはあくまでドラマだから、こんなにサッパリと性欲は消えないでしょ。

  • さんきゆ

    4.0

    構成がお見事です

    キャリアと思われていた女性に興味を引かれた男とその女の関係をうまく作っています。 見応え十分でした。結末もなんとも謎めいている。余韻のある締め方で、完成度は高いと思います。

  • するめ

    4.0

    意外と女性向けかも?

    私は女性ですが、壇蜜が好きで壇蜜が出る続編かと思い込んで有料放送を録画して観ましたが、全く別物でした。原作者が同じなんですね。 パッケージデザインをここで初めて見ましたが、エロくてダサいですね。。これじゃ観る気しない。エロ目的な人はガッカリしそうだし。 2章、3章あり、こちらはキャストが同じです。 大抵、続編って面白くないものですが、こちらの方が面白い。別物として楽しめました。むしろ「私の奴隷に…」シリーズから脱して別物の二部作として出してもよかったのではと思いました。 しかし、かく言う私自身も壇蜜の看板があったから観たわけで、難しいものです。 ストーリーは文学的要素がつよく、起承転結あり、結末まで楽しめました。私は好きなラストです。 SMが題材ですが、精神的な掌握、支配がメインです。3章は、よりSMプレイがメインでした。 主演俳優さんはEXILE系のワイルドな流行り顔で女性受けすると思います。 ヒロインの女優さんは、個人的にもう少し妖艶で美人な人が良かったなと思いましたが、色白で脚が綺麗でした。 男性目線で言えば、少し不美人な方がリアリティや人妻感がありエロさを感じて良いのかな?とも感じます。 あとは彼女の衣装や下着もつまらなかったです。 ヒロインの旦那さんはかなり良い味出してましたね。 何となく、洋画「フィフティシェイズ…」シリーズを彷彿としました。興味ある方はどうぞ。

  • pyo********

    3.0

    ネタバレ自由奔放

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • モロダシボン

    3.0

    エンディングが最悪

    台本は悪くない。台詞回しが今一な位。あとやっぱりキャストかな。有名じゃなくていいから、もうちょっと上手い人で。特に主役の女優さんが、もうちょっと美人だったらなぁって思った。

  • shi********

    1.0

    エロの上に人間の業を許してくれる期待は×

    エロの部分はまあさておき、そのうえで何か人間の業をどこかで許してくれるようなあらすじを期待しましたがだめでした

  • pip********

    5.0

    実は女性向けなのかも

    もっとお手軽エロ映画なのかと思ったら、文芸作品していた。 男が女を支配しているのか?、それとも女が男を支配しているのか? この映画はスケベなおっさんたちより、むしろ女性に見てもらいたい。そう思える映画。

  • mik********

    4.0

    渚のシンドバット

    エロいのは好きだけど、SMっぽいのはどうもなあ。そんな私だが、ヒロインの行平あい佳があの寺島まゆみさんの娘と知り、こりゃ見なあかんとなった。 この映画とは何の関係もないけど寺島まゆみさんと言えば、ロマンポルノ界の聖子ちゃんとも呼ばれた我らのアイドルだった。血は争えない。 映画はと言えば、どうも自分には理解できない世界の話だが、城定秀夫監督だけに不快感もなく手堅くまとまった感じで楽しめる。結局は誰が奴隷で本当のご主人様は誰なのか、という一種のフェミニズム映画とも受け取れた。 行平嬢はと言えば、スレンダーなボディーを惜しげもなく晒す熱演で合格点です。またもう一人のヒロイン百合沙さんも非常にタイプで、女優的満足感は高い。それが肝心なのである。

  • ken********

    5.0

    ヒロインが印象に残る

    人妻役の行平あい佳さんは、声がいいし、妖しげな雰囲気もあっていいですね。すごく印象に残りました。 相手の旦那の怪しさもあり、話もおもしろかった。 思ってたより、ちゃんと作られていてよくできてるなあと思う映画でした。 エロ系だと適当な映画が多いので。 よかったですね。

1 ページ/1 ページ中