ここから本文です

ここは退屈迎えに来て (2018)

監督
廣木隆一
  • みたいムービー 80
  • みたログ 365

2.94 / 評価:268件

解説

山内マリコの小説を原作にしたヒューマンドラマ。東京から帰郷した27歳の女性が、自分の居場所を見いだそうとする姿を追う。メガホンを取るのは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『ママレード・ボーイ』などの廣木隆一。『PARKS パークス』などの橋本愛、『愛の渦』などの門脇麦、『ニワトリ★スター』などの成田凌らが共演。脚本を、劇団「MCR」の主宰で、ドラマ「相棒」などを担当してきた櫻井智也が手掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

27歳の“私”(橋本愛)は、10年ぶりに東京から故郷に戻ってきた。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌の記事を書いて生計を立てるが、親にはフリーターのようにしか思ってもらえない。ある日、再会した高校時代の友人と、サッカー部のエースで憧れの存在だった椎名くん(成田凌)の話題になり、彼に会いに行くことになる。一方、東京に畏怖を抱くあまりに地元から出られずにいる椎名の元恋人の“あたし”(門脇麦)は、彼と過ごした青春時代の思い出が脳裏に焼き付いていて......。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ