ここから本文です

七つの会議 (2018)

監督
福澤克雄
  • みたいムービー 1,427
  • みたログ 5,479

4.01 / 評価:4,453件

良きかな

  • nfn***** さん
  • 2019年3月30日 8時32分
  • 閲覧数 992
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

凄く見たい作品でしたので、無理やり時間作って駆け込みで見てきました。いくつか気になる点はありましたが、とても見ごたえのある作品でした。娯楽映画にありがちな、全てが綺麗サッパリ解決されてメデタシメデタシといったインチキ臭さが無く、玉虫色の微妙な着地点にリアリティを感じました。しかし、野村萬斎さんをはじめとした俳優陣の演技は所々でデフォルメが効きすぎているように感じ、ちょっとリアリティが減退しました。さらに、野村萬斎さん演じるグータラ社員が係長というポストにいて、会社の上層部から全くお咎め無しという点には、リアリティが全くありませんでした。私は、この点をよく理解できなかったのですが、香川照之さん演じる上司が昔のことに負い目を感じているから大目に見ているのだろうと思いましたが、それで正解なのかな? あとタイトルにもなっている七つの会議の意味もよく分かりませんでした。会議のシーンは何度も出てきますが、いちいち数えていたわけではないので、七つというのが今も心に引っ掛かっています。前半に様々な謎を散りばめ、及川光博さんを狂言回しとして徐々に解明していく流れには引き込まれました。ただ、集中して見ないと細部が理解しづらい作りですので、少なくとも2回は見た方がいいかもしれません(私は映画会社の回し者じゃありませんよ)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ