ここから本文です

七つの会議 (2018)

監督
福澤克雄
  • みたいムービー 1,426
  • みたログ 5,348

4.01 / 評価:4,330件

普通

  • sa さん
  • 2019年8月14日 21時24分
  • 閲覧数 620
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

リコール隠しに、不正の許せない主人公。己の保身・エゴ。勧善懲悪的な(完全な懲悪ではなく、背景に悪は残り続けるが)ストーリー。
流れ的には空飛ぶタイヤと似ている。

善人にも必ずエゴや悪の心はあり、悪人にも善の心がある。この作品はそういった葛藤を一切描かず、良い人は良い人。悪い人は悪い人ときっぱり色分けされてしまっている。だからどの人物も人間味が浅く、共感もできない。

そしてわたしは野村萬斎の顔芸が相変わらず許せない。喋り方も演技がかっていてリアル感なし。こんな社員いないわ。
あと、映画という限られた時間の中で、ドーナツの社内販売にあれだけスポットを当てる意味があったのだろうか。女性の登場人物少ないからな、視聴者サービスなのかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ