ここから本文です

七つの会議 (2018)

監督
福澤克雄
  • みたいムービー 1,423
  • みたログ 5,698

4.00 / 評価:4,634件

どこまでをリアルと思うか

  • milk***** さん
  • 2019年9月22日 18時46分
  • 閲覧数 690
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公の野村萬斎さんは別として、他のメンツがいつも通り過ぎて何だか笑えました。ミッチーとドーナツ女子の組み合わせは、癖の強い登場人物たちの良い緩衝材になってくれました。ミッチーってリシアスな場面でも、どこか笑わせてくれる空気感をお持ちです(褒めてます)。

こういう企業モノの物語は、同じ会社員として、どれだけ「わかる~」があるかを私は楽しんでいます。ありふれてはいますが、本作で言うと、
・仕事の目的は社外ではなく社内に見出しがちなこと
・入社当初持ち合わせていたはずの真摯な情熱は、どこ吹く風になること
・辞めてしまえばいいのに、と思うが総合的に考えるとそう簡単ではないこと
・挫折した時に、どう感じてどう行動するかで人生が分かれること
・年を重ねても、素直になれる人が人間として愛らしいこと
・不倫は、あの子が?と思うような、控えめで可愛い子が陥ってしまうこと

メーカー関係の仕事の人は、リコールの恐ろしさを痛感していると思います。本作の結末は、現代においては私は非リアルだと感じました。しかし、もしかして大企業の奥の奥は、私の想像を超える隠し扉があるのか?と思うと、フィクションとして楽しめます。

ただ、そこまで重厚感やスリリングを感じることはなかったので、これは映画じゃなくて日曜劇場でよかったのでは?と思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ