ここから本文です

アンクル・ドリュー (2018)

UNCLE DREW

監督
チャールズ・ストーン三世
  • みたいムービー 80
  • みたログ 292

3.68 / 評価:231件

解説

北米のプロバスケットボールリーグであるNBAのスター選手カイリー・アービングが特殊メイクで老人にふんし、若者相手に超絶テクニックを見せたCMを映画化。プロ選手の夢を諦めた青年が伝説的なバスケットボール選手だった老人と出会い、ニューヨーク最大のストリートバスケ大会に挑む。主演のアービングのほか、チームのメンバーでシャキール・オニール、レジー・ミラーら元NBAのレジェンドたちが出演。『ドラムライン』などのチャールズ・ストーン三世が監督を務めた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

あるトラウマが原因で選手になる夢を断念し、ストリートバスケチームのコーチをしているダックス(リルレル・ハウリー)は、ライバルチームに主力選手を引き抜かれ途方に暮れていた。ある日ダックスは、かつて伝説の選手だったアンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人は老人ばかりのドリームチームを結成し、ストリートバスケの聖地ラッカー・パークで開催される大会に参加しようとする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ