ここから本文です

鈴木家の嘘 (2018)

監督
野尻克己
  • みたいムービー 147
  • みたログ 473

3.66 / 評価:367件

優しい嘘

  • popo さん
  • 2020年4月20日 20時22分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりに良い映画に出会った。
冒頭から首吊り、とびっくりさせられる。
その後もどんどん引き込まれる。
鈴木家という何処にでもある苗字を選んだのも、そんなに珍しい話ではないよ、
という意味なのかもしれない。

引きこもり。鬱。苦しかったろう・・・永い間ずっと苦しんできた兄。
何とかしてあげたいと思っているが空回りする父。
あの時こうしてたら・・と自分を責め後悔する母。
家族ゆえに引き篭る兄を疎ましく思った妹。
皆、助けてあげたいと思っていたのだろう。
残された者を苦しめる家族の死。
重たい内容なのだが、笑いを交えていて、そこまで気持ちが重くならない。
そんな簡単に解決しないけど、最後は少し前向きな気持ちになって良かった。

そして、役者たちが皆良い。
加瀬亮、岸部一徳、岸本加世子、大森南朋と芸達者。
柔らかく自然な演技の原日出子がこの映画の雰囲気づくりに一役買っている。
いちばん目を引いたのは木竜麻生。どっちも苗字みたいだが、この子は注目。
(きりゅうまいと読むみたいですね)
感情を吐き出すシーンなどは圧巻でしたね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ