2018年7月28日公開

スティール・サンダー

BLACK WATER

1052018年7月28日公開
スティール・サンダー
2.4

/ 39

8%
0%
36%
33%
23%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

CIAの極秘情報を収めたデータを流出させた犯人を追跡していたウィーラー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)は、武装集団に捕まりアメリカ海軍の潜水艦に連れ込まれる。テロリストたちの収容所として改造された艦内で、CIA職員のエドワード(アル・サビエンザ)から極秘情報のデータを開くキーのありかについて尋問されるウィーラー。取調室から逃げ出すが傭兵(ようへい)部隊に追い詰められ、同じようにとらわれているマルコに協力を持ち掛ける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(7件)

かっこいい40.0%勇敢20.0%悲しい10.0%パニック10.0%恐怖10.0%

  • muk********

    1.0

    艦内・・オイw

    身体的な事は本当に言いたく無いが 2人共にマジで老いぼれ爺さん。 ハリウッド俳優で未整形者ゼロと 言われて久しいが、ヴァンダムの 経年劣化が凄まじい。 女性陣も安い整形顔のオンパレードで 正直、誰が誰だかって感じだった。 エンディングで若手CIA女性のテイラーが 新パートナーにヴァンダムで問題は無いかと 聞かれ昇天する様な顔でオーケーし、今から 任務では無く夫婦生活が始まるみたいな ワクワク顔でエンドロール。 CIAの男女パートナーって性処理が前提 なのか?と聞きたくなる馬鹿みたいな映画 ファンの方々には申し訳ないが少しの ハラハラもドキドキも無かった。

  • Cakewalk

    3.0

    U-NEXTから

    思いのほか楽しめたけど、ドルフ・ラングレン活躍するのわりと後半だったな…

  • tk********

    2.0

    騙された・・・

    ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン共演! 『ユニバーサル・ソルジャー』的なアレを期待して観ましたが、ドルフ・ラングレンの出番はほとんどなく完全な脇役でした。 本作は潜水艦という閉鎖された空間を舞台にしたアクション映画ですが、この潜水艦がやけに広々としていて全く潜水艦に見えません。 物語でも潜水艦内という設定もほとんど生かされず、潜水艦からの逃亡方法もはっきりしないという手の抜きっぷり。 二人がただ大暴れする映画の方がまだマシでした。 35点。

  • ムービークリニック

    1.0

    ほし ひとつ

    ネームバリューのある2人の登場で期待感の作品だが。 まったく面白さがない。 潜水艦内部でのアクションだが、潜水艦っぽく見えない。多少扉だとかあるが、ほとんど予算ないC級作品並みのセット。原子力潜水艦ってとっても天井高くて広いのだね。 ドルフラングレンはほとんど出ない。さらにまったく強そうに見えない。 さらに主人公バンダムもセリフで凄い凄いってまわりの人物が言うが、まったく凄くない。 見るからに老けてしまったふたり。もう主役は無理なのでは。 ラストの潜水艦からは、いろんな人がどうやって逃げたのか不明で。それを無視して締めちゃうので違和感ありあり。 潜水艦の中にいた黒幕が撃たれて死んだのに、工作員は金をもらえるという不思議。事前にもらってたのかな。 まったく内容はないので気をつけて観ること。

  • mxy********

    3.0

    バンダムとラングレンの娯楽映画

    バンダムとラングレンの娯楽映画ってな感じです。ラングレンはほぼ脇役です。ラストでラングレンが裏切り者の女を仕留めたのだけはスッキリしました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
スティール・サンダー

原題
BLACK WATER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル