ここから本文です

(2018)

監督
武正晴
  • みたいムービー 78
  • みたログ 311

3.25 / 評価:252件

銃、拾ったらキケン

  • zmq******** さん
  • 2021年7月19日 15時25分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

武正晴監督による中村文則氏原作の映画化。

河原で銃を拾った西川トオル(村上虹郎)が主人公。
普通に遺失物拾得として、交番に届ければよいものを、(それじゃあ話が進まない)アパートに持ち帰ってしまう。

だんだん銃の魅力に取りつかれ、撃ちたい衝動に駆られてゆく。

狙った獲物は、隣に越してきた女。幼い息子を虐待している。
これが成功したら、ある種の必要悪って言うか、粛清と言うか、溜飲が下がったと思うんだよね。

だけど、撃てなかった。
これは人間として当然の反応だと思う。

だけど、ネコを撃ったのは許せない。(おかげで刑事に目を付けられた)

刑事(リリーフランキー)に追い詰められ、銃をもてあます西川。
銃をカバンに忍ばせ、電車に乗る。

ここで、意外な展開に。
西川の隣に座り、迷惑行為をする男(村上淳)を 迷いも躊躇もなく、撃ってしまう。

ここまではモノクロ映像だったのに、撃った瞬間、鮮血が弾け、鮮やかなカラー映像へとシフト。

まぁ、見どころと言ってはラストの この一瞬。
村上虹郎さんの演技力と、リリーフランキーさんの癖のあるキャラクターってところでしょうか?

殺す者と殺される者に、親子共演させるのも 変わった演出。

いかんせん、好みじゃないので、星2。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ