ここから本文です

ヒトラーと戦った22日間 (2018)

SOBIBOR

監督
コンスタンチン・ハベンスキー
  • みたいムービー 83
  • みたログ 133

3.64 / 評価:107件

ナチス版「出エジプト記」

  • 山下晴代 さん
  • 2018年10月11日 15時35分
  • 閲覧数 640
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ヒトラーの『わが闘争』を読むと、ユダヤ人への嫌悪のはじまりが、ほんのささいな生理的なものであることがわかる。しかしその生理的なものは、抽象的な思想的なものよりも、より堅固で執拗なものである。本作も、(自称)アーリア民族の、ユダヤ人への、生理的嫌悪がこれでもかと示される。ナチス映画は多いといえど、本作ほど、ナチスどもの醜悪ぶりを活写した映画はまれである。見ている方も、つい収容されているユダヤ人と同じ気持ちになり、射殺されてもいいから、目の前のやつに襲いかかってやっちまえ!という気持ちに囚われる。
 そんななかで、ユダヤ人としての誇りを失わず、ゆえに、脱出、そして復讐の希望を失わずにいる人々がいる。ポーランドの三大絶滅収容所の一つ、ソボビルの話であり、原題もその名がついている。
 はじめは、作ったセットの風景が気になる本作が、痛めつける側と痛めつけられる人々との「日常」のなかで、苛酷な労働、理不尽な仕打ち、変質者に近い嫌がらせを経ながら、脱走を胸に秘める人々がおり、しだいに計画を立てていくのであるが、それをまとめている人物が、自分とはべつに、全体を仕切るリーダーがいることに気づく。そこへ、よその収容所からの脱走に失敗した、ソ連の軍人が送られてくる。この軍人、アレクサンドル・ペチェルスキー、通称サーシャが、リーダーに適役であることがわかり、彼に指揮をゆだねる。力も、勇気も、誇りも、やさしさも持っているサーシャは、まさに絶滅収容所のヒーローであり、彼の指揮のもと、脱出は果たされる。サーシャは、「全員脱出でなければならない」と主張し、ナチス側の、首脳を全滅させることを提案、実行に移す。その際、おびき出す役目に、10歳ぐらいの子ども、そして殺害実行者に、15歳の少年などが、自ら立候補して、任される。はらはらするようなサスペンスを見せながら、脱走が(歴史的にわかっていることだが)成功する。このあたり、みごとなエンターテインメントとなっている。確かに、本作は、完全にユダヤ側の話であり、それもそのはずで、ユダヤ人の聖書である、モーセ五書のうちの「出エジプト記」の反復であるからだ。制作は、ソ連の軍人を讃える物語だから、完全なるロシア映画である。クレジットもロシア語である。
 ダイアン・レインの元夫、フランスのターザン俳優、エキゾチックな魅力の、クリスタファー・ランバートが、その潤った目つきを生かし、なんとも嫌らしくも、1%のロマンチシズムを持つ、将校の長に扮していて、これがこの映画の、なんというか、複雑な精神性を支えている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ