ここから本文です

ヒトラーと戦った22日間 (2018)

SOBIBOR

監督
コンスタンチン・ハベンスキー
  • みたいムービー 82
  • みたログ 132

3.63 / 評価:106件

想像以上に過激な描写

  • loa***** さん
  • 2018年10月19日 19時25分
  • 閲覧数 1259
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

観るのが辛そうな内容だと思って敬遠していたが、意を決して鑑賞。
これほどドイツ将校が憎い存在に描かれている映画を観たことがない。
宴会のシーンは見るに堪えず早く終わって欲しいと願うばかりだった。
虐待や殺人シーンもしっかり映されていて、精神衛生的にすごく悪い映画です。逆に言えばそのくらいリアルに収容所の様子が描かれている。

余談だが、最近ナチス系映画の邦題に“ヒトラー”というワードが、物語との関係が薄いにも関わらず乱用されているような気がする。今回も全く登場しなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ